体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【みかん狩り】これぞ男のロマン……俺たちが今すぐ「みかん狩り」に行くべき理由【甘党無宿】

冬到来!

そしてそれは狩猟の季節でもある。生まれついてのハンターである漢たちにとって、血湧き肉躍る狩りの季節到来なのだ!

と言うわけで今回の狩りの獲物は、ズバリ……

f:id:Meshi2_IB:20161125204959j:plain

みかん

である。

「みかん!? ただの果物じゃねーかよ! 単なる果物狩りかよ!」

そうおっしゃる諸兄の声が聞こえてきそうである。

そう。たかが「果物狩り」である。だが果物を採る行為が単なる“果物とり”ではなく、なぜ“狩り”と呼ばれるのか?

そこには一筋縄ではいかない、奥深い理由があるのだ!

f:id:Meshi2_IB:20161125202820j:plain

今回訪れた“狩場”は神奈川県横浜市戸塚区にある「芝口果樹園」だ。

季節により「ぶどう、梨、イチジク、柿、みかん」と、さまざまな季節のフルーツ狩りが楽しめる都会の果樹園である。

元来、果物は「水菓子」と呼ばれていた。

ならば我らが「甘党無宿」の出番ではないか! 今回は冬目前ということで、いざ旬のみかんを食らわん! しかも腹一杯。

「芝口果樹園」のホームページの地図を頼りに、国道1号から脇道に入るとすぐに大きな【みかん】の文字が。わかりやすい!

f:id:Meshi2_IB:20161125202819j:plain

横には手作り感たっぷりの駐車場の案内もある。

矢印のとおりに進むと、なにやら怪しげな建物が……。

そこには「野菜」「直売」の文字が。あれ? ここじゃないのかな?

f:id:Meshi2_IB:20161125202817j:plain f:id:Meshi2_IB:20161125202816j:plain

中をのぞくと、あきらかに怪しい……。なにやら果物を今にも狩らんとする道具が積んである。

f:id:Meshi2_IB:20161125202818j:plain

これはやっぱり匂う……。

f:id:Meshi2_IB:20161125202815j:plain

というわけで建物の裏に回ると「芝口果樹園」の文字が。

やっぱりここだった!

f:id:Meshi2_IB:20161125202750j:plain

そしてそこにいたのが「芝口果樹園」の農園主の芝口さんだ。

「芝口さん! 僕らみかんが……みかんが食べたいんです!」

「え? ああ、みかんですね。食べ放題ですからたくさん食べていってください」

「食べ放題!? それはなんとお得な……」

「大人1,000円、子供900円で食べ放題です。約1kgのお土産も付いていますよ」

おお、めっちゃお得じゃないですか?

追加の持ち帰りも1kgあたり350円とのこと。

これは、食えば食うほど幸せになれるということか……。

だがいくら食べ放題とはいえ、胃袋には限界がある。

できればなるべく美味しいみかんが食いたいのだが。

f:id:Meshi2_IB:20161125202806j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。