ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

衣服のように着用できる“有機ELウェアラブルディスプレイ”が、ついに現実化へ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KAISTOLED韓国のKAIST大学と、国際的なマテリアルメーカーKolon Glotech社の共同研究で、非常にフレキシブルなOLED(有機エレクトロルミネッセンス、有機EL)ディスプレイを製作中だという。

・生地のようなフレキシブル性をもつ有機EL

OLEDディスプレイの研究はこれまでにもLG社などで取り組まれてきたものの、どうしても耐久性に問題があった。生地のような形状にすると簡単に裂けてしまうし、熱を帯びるとサイズが膨張する傾向があり、安定性を保つという面でも難しかったのだ。

今回開発が進められている特殊なOLEDは、新たな技術を駆使することで、耐久面の問題をクリア。ガラスに似た素材に貼り付け、生地のようなフレキシブル性を実現した。

・着られるウェアラブルの開発

KAISTOLED2チームリーダーのChoi Kyung-Cheol氏によれば、プラスチックよりもフレキシブルで、デバイスに親和性もあるこのマテリアルを使えば、より着心地よく使いやすい“ウェアラブルディスプレイ”の実現も夢ではなさそうだ。

参考までに、普通のOLED TVパネルは、6~7万時間の使用寿命であるのに対し、KAISTのOLEDは待機状態で3500、使用状態で1000時間の使用寿命とのこと。

どのような製品や技術に活用されていくのか、今後が楽しみである。

KAIST OLED

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。