体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの傾きで心の声が変わる!? 男女で考えてること違いすぎ! ドキドキ『ふんわり妄想シアター』公開中[PR]

kyogetsu1

“女子の妄想”をテーマに、人気漫画家によるウェブならではの演出を使った描き下ろしマンガを読むことができる『ふんわり鏡月』のプロモーション企画『ふんわり妄想マンガシアター』に新コンテンツ登場。今度は男女それぞれの視点が楽しめる、胸キュンムービーが公開中!

今年3月にオープンした『ふんわり妄想マンガシアター』は、スマホならではの傾きセンサーやスクロール機能を活用したマンガや、特設サイトへの
アクセス数によって内容が徐々に公開されていくマンガなど、ウェブならではの変化が楽しめるマンガ作品を公開中。サイトオープンから250万アクセスを達成する人気ぶりです。

5

そして11月22日には、実写作品の『ふんわり妄想シアター』を発表。『ソラニン』や『おやすみプンプン』などで知られる浅野いにお先生が描いた、アクセスする回数によってストーリーが別視点で変化するマンガ“ふんわり男”。その続編ストーリーとして“ふんわり男と先輩の部屋”が今回動画コンテンツとして公開されました。

1 3

マンガ“ふんわり男”は、2回目のアクセスで女性(先輩)の心情が文字で浮かび上がり、3回目のアクセスで男性(後輩)の心情が浮かび上がるという仕組み。主人公の視点が変わることで、同じ内容のマンガでもまた違ったとらえ方ができるというわけ。

動画コンテンツ“ふんわり男と先輩の部屋”も、ユーザーのスマートフォンの傾きによって、登場人物の男性視点や女性視点を切り替えてストーリーを楽しめる映像コンテンツになっているんです!

2 screenshotshare_20161205_172621

映画監督の落合賢さんを起用し、作品には女優の佐津川愛美さんと俳優の菊田大輔さんが出演。マンガ“ふんわり男”のラスト、先輩の「やっぱりウチで飲んでいったら?」の続きということで……すでに先輩の部屋で飲み始めているシチュエーションにドキドキ!

screenshotshare_20161205_144005
1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。