ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

全部ハズレなし!編集部がオススメする ご当地の美味しいお土産ベスト10 【滋賀県編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
全部ハズレなし!編集部がオススメする ご当地の美味しいお土産ベスト10 【滋賀県編】 バームクーヘン

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するのは日本最大の湖・琵琶湖を擁する滋賀県。延暦寺、彦根城など歴史的スポットも数多く、観光スポットには事欠きません。ベスト10は近江八幡や多賀大社や延暦寺など名所にちなんだもの、名産の近江牛を味わえるものなど、和洋のお菓子に郷土料理、ご飯の友まで多彩なラインアップになりました。さっそくチェックしてみてね!

【1位】バームクーヘン

バームクーヘン バームクーヘン

職人の手で、一層一層丹念に焼き上げるバームクーヘン。こだわりの素材と昔ながらの製法を守りつつ、永年工夫をかさねた逸品は、バームクーヘン好きのみならず、全国区の知名度を得ている。ふんわりしっとり、口の中で溶けるような食感で「文句なく美味しい」「ヤミツキ」など実に地元県民から85%の支持を受けて1位となった。パッケージもシーズン等により限定柄を用意している。 価格:1,620円(1ホール)

販売元:クラブハリエ

【2位】近江牛 しぐれ煮 山椒風味

近江牛 しぐれ煮 山椒風味 近江牛 しぐれ煮 山椒風味

日本三大和牛のひとつの近江牛を使用したしぐれ煮。しぐれ煮用に特に選んだ近江牛を、松喜屋伝統の醤油、砂糖、酒のシンプルな味でじっくりと煮込んでいる。山椒の辛さと風味がアクセントに。「近江牛専門店の 商品だけに 美味しい」「ご飯のお供に最適」などのコメントが集まった。生姜風味もある。 価格:1,296円(90g)

販売元:松喜屋

【3位】糸切餅

糸切餅 糸切餅

餡を包んだ餅を細長く伸ばし、糸で切った餅菓子。餅は米粉を2度蒸して丹念につくことで食感をよくし、手間暇かけて作られている。「ほどよい甘さと滑らかな食感」「見た目がかわいらしく、美味しい!」など、繊細な見た目と味わいが受けている。鎌倉時代、2度のモンゴル襲来を神風台風によって免れた際に多賀大社に奉納されたお菓子が起源と言われている。 価格:600円(10個)

販売元:糸切餅総本家 多賀や

【4位】うばがもち

うばがもち うばがもち

地元草津産の餅米で作った餅をこし餡で包み、白餡と山芋の練切を載せたあんころ餅。東海道五十三次のひとつで、中仙道との分岐点でもあり、近江路随一の宿場町だった草津の名物として、400年以上親しまれている。「一口サイズで優しい甘さのこし餡と柔らかい餅がとても美味しい」「地元で馴染みがある」などのコメントが見られた。 価格:1,000円(24粒)

販売元:お菓子処 うばがもちや

【5位】でっち羊羹

でっち羊羹 でっち羊羹

竹皮に包まれた蒸し羊羹で近江商人発祥の地の風土菓子。あっさりとした甘味の羊羹に竹の香りがほのかに移って味わい深い。発祥には、竹の抗菌作用で傷みにくく平たくて運びやすいことから丁稚たちが故郷の土産とした説、本製法の煉り羊羹が高級で高価なので、簡易に作れる安価な蒸し羊羹が当時の丁稚たちの楽しみであった説などがある。 価格:410円(1個)

販売元:近江藤齋本店

【6位】鮒寿司

鮒寿司 鮒寿司

琵琶湖の固有種であるニゴロ鮒をご飯と塩に漬けて発酵させるなれ寿司。その歴史は奈良時代まで遡ると言われ、現在の寿司のルーツとなる食品。発酵食品なのでにおいがあり、好き嫌いは分かれるが「酒のアテにいい」「においはきついけどかみしめると癖になる味」など、酒飲みを中心に高級珍味として喜ばれている。 価格:4,110円 天然ニゴロ鮒寿司スライス(350g)

販売元:竜王ふなずし工房

【7位】赤こんにゃく

赤こんにゃく

その名の通りの赤いこんにゃく。赤は食品添加物「三二酸化鉄」の着色で、味も調理法も普通のこんにゃくと同じでOK。色がきれいなので、料理のアクセントにもなる。発祥には諸説あるが、近江で昔から続いている「左義長祭」の山車に飾られる赤紙に因んで、こんにゃくも赤く染め上げたと言われている。 価格:詰め合わせセット(3種4袋)1,100円

販売元:乃利松食品 吉井商店

【8位】サラダパン

サラダパン サラダパン

マヨネーズで和えた千切りたくあんをコッペパンで挟んだお食事パン。もともとはキャベツで作っていたが、保存性と食感からたくあんになり、発売から50年以上を数えるロングセラー商品に。斬新な組み合わせが評判となり、B級グルメ界を中心にじわじわと知名度が上昇中。「今まで味わったことのない味」「他県では見かけない」とのクチコミにもあるように、滋賀県内ではスーパー等で手に入る。 価格:145円(1個)

販売元:つるやパン

【9位】かいつぶり

かいつぶり かいつぶり

滋賀県の県鳥に指定されている「かいつぶり」をモチーフにした饅頭。しっとりした白餡が口の中でほろほろと溶けてゆくやさしい味わい。万葉の頃から琵琶湖に生息すると言われているかいつぶりは、別名「鳰(にお)」とも呼ばれ、餌を求めて湖面に出たり入ったり、忙しそうに過ごすかわいらしい姿を見ることができる。 価格:1,080円(12個)

販売元:鮎家

【10位】おさしみゆば

おさしみゆば

比叡山延暦寺御用達のゆば専門店のおさしみゆば。近江大豆を使用した生ゆばで、大豆の甘みとコク、絶妙な歯ごたえが特徴。お刺身のようにそのままいただける。ゆばは、今から約1200年前、比叡山開祖の最澄が仏教、茶とともに、中国から伝えたといわれている、比叡山ゆかりの食品。修行僧たちの貴重な蛋白源として食べ続けられている。 価格:648円(2本)

販売元:比叡ゆば本舗 ゆば八

このランキングについて

旅のプロ・じゃらん編集部が取材と現地最新情報をもとに人気の食品土産を20種ピックアップ。そのリストの中から「美味しい」と思うもの5つを地元民に選んでもらい、合計得票数でベスト10を決定した。

【調査概要】

アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)

対象:滋賀県在住の20~69歳の男女

有効回答数:100件

調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しいお土産調査

調査方法:インターネットによるアンケート

関連記事リンク(外部サイト)

冬が旬!ご当地旬魚を味わう極上の海幸スポット♪【千葉県編】
カニ×温泉=極楽~♪本気のカニ旅をするなら北陸へ!
休憩だけじゃない!充実遊具も、温泉も!遊べるレジャーな道の駅12【九州】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。