ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野村訓市、履歴書の人相が悪すぎて…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

野村訓市、履歴書の人相が悪すぎて…
J-WAVEで放送中の番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。12月4日(日)のオンエアでは、リスナーからのメールをたくさん紹介しました。

というのも、「いつもお便りありがとうございます。毎週毎週、たくさん頂くので大変ありがたいです」(野村)ということで、12月はテーマを設けずにメールを紹介する放送内容にするそう。

まずは今年の1月に2週間、アイルランドでホームステイをしたという方からの「出国する当日の朝、ホストファミリーが変わると連絡がありましたが、その老夫婦にとても良くしてもらいました」というメールを紹介し、自らのホームステイ経験を思い出した野村。

「ホストファミリーが変わるというのは、きっとすごくびっくりしたと思うんですけど」としながら、「僕も高校の時にホームステイに行った時は、履歴書の僕の写真の人相と高校の成績が悪すぎて、引き取ってくれる家族が誰も決まりませんでした」と衝撃の告白(笑)。最後に連れて行かれた家が自分のホストファミリーだと思っていたら、実はその家族は「ちゃんとしたファミリーが決まるまで何日間かこの子を預かってくれ」と前日に連絡が行っていたのだとか。しかし「ものすごく親切にしてもらって結局、1年いたんですけども。こういうのはきっとご縁と言うんじゃないでしょうか。今でも僕はその家族と連絡を取っています」と、結果的に野村にとっては良い出会いだったようです。

続いて「私は大学を卒業してすぐバーテンダーの仕事につきました。自分のお店を出して海外の蒸留所を回ることが目標です。野村さんが旅をして行ったバーや、イケてるバーテンダーとの出会いなどのエピソードがあれば聞かせてください」というメール。

「イケてるバーテン…行ったバー…めちゃくちゃ行ってるんで、どれがイケてるっていうのがわかんないんですけども…。すごく良いバーテンダーというのは、やっぱりバーの裏からよく見てますよね、人がどうなってるかっていうのを」と野村。

野村によると、口を出さずにコントロールするのが良いバーテンダーらしく、一人で酔いすぎて危ない人にはさっと水を出したり、声をかけたりするそう。逆に良くないバーテンダーについては「お店の人間と客の垣根を、すぐに越えようとするバーテンダーさんがいますけど、そうすると後で揉めることになります」とのこと。

実は野村もバーテンダーをやっていたことがあるそうで、「自分のボスにそれをすごく叩き込まれたんです。『どんなに楽しくても“客とバーテンダー”っていう線を保て』と。じゃないと喜んだ相手が『もっともっと』とか、簡単におごったりすると、次におごらないと『なんでおごってくれないんだ!』と怒ったりとか。『人間関係というのはそんな簡単に分かるものじゃないから、必ず線を引きなさい』というのをオーストラリア人のボスに言われましたね」と当時のことを思い出していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」
放送日時:毎週日曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。