体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座木村家×数寄屋橋茶房!最強コラボあんぱん期間限定で

あんぱんといえばパンの定番。昔からの味でファンも多いのではないだろうか。そんなあんぱん好きにおすすめしたい、限定最強コラボあんぱんを紹介したい。

東急プラザ銀座6階「KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)」に併設されるカフェ「数寄屋橋茶房」。銀座に居を構える「六雁」の総料理長である秋山能久氏が監修したモダン和食カフェだ。そんな「数寄屋橋茶房」にて、期間限定で販売されているのが「白ごまと生姜のあんぱん」。

今回のコラボレーションは、最高のあんぱんを作るため、明治2年創業の「銀座木村家」とスーパ-割烹「六雁」、「数寄屋橋茶房」が共同開発。

パン生地はイースト菌を使用せず酒の酵母から作られた「酒種」を使用。餡子には北海道十勝周辺で収穫し厳選した小豆のみを上品に炊き上げた餡子に、ごまの香りが引き立つよう半擦りした白ごまと、じっくりと時間をかけて作った生姜の蜜煮を絶妙なバランスで練り込んだ。味にもデザインにもこだわったあんぱんは、数寄屋橋茶房でしか味わうことのできない最高の一品。

価格は290円(税込)。1日限定20個で、12月2日(金)~12月30日(金)までの期間限定販売となっている。

ラウンジ内でのイベント開催で休業になる場合があるので、事前に確認するのが確実。1日の販売数が決まっているため、食べたい人はお早めに!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。