ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イチローもそんなに期待されていなかった? ドラフト下位指名の「名選手」13選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

野球選手にとって憧れであるプロ球界。ドラフトに指名されれば1も2もなく入団…というわけではないようで、稀に入団拒否の意向を示す選手がいます。今年でいえば、大阪代表として甲子園にも出場した履正社の山口投手が日ハム6位を蹴って社会人への意思を発表しました。

 

理由は「ドラフト下位指名だから」。そこには切実な理由があるようで下位は契約金、年俸といった金銭的待遇はもとより、“扱い”(起用法・育成法)などがまるで違うという。果たして下位指名は不利なのか?そこで下位指名でもプロ野球史に名を残した選手を紹介します。

現役の下位指名選手


ナンバー(Sports Graphic Number) 2015年5/7号
Fujisan.co.jpより

 

ドラフト4位…イチロー選手(現マイアミマーリンズ)

高校を経て91年、オリックスに入団した、説明不要の日本を代表するプレーヤー。入団し2年間は、独特なバッテングフォームもあり干された状態でしたが、仰木監督になると才能が開花。メジャー移籍まで7年連続首位打者を獲得しました。

 

ドラフト5位…摂津正投手(ソフトバンクホークス)

社会人を経て08年に入団。初年度から頭角を現し70試合に登板、39ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手を獲得し新人王に。3年目からは先発に転向すると、12年には17勝をあげ、沢村賞に選出されました。

 

ドラフト6位…新井貴浩選手(広島カープ)

大学を経て98年、広島に入団。1年目から長打力を見せつけ、3年目にはレギュラー定着。以後、ホームラン王、打点王に輝くなど、所属したチームの打線の中核を担っています。今年の広島快進撃の立役者の一人でもあります。

 

ドラフト7巡目…角中勝也選手(ロッテマリーンズ)

独立リーグから06年にロッテに入団。しばらくはくすぶっていましたが、6年目に打撃開眼でいきなり首位打者。今年は二度目の首位打者に輝きました。

 

育成ドラフト…山口鉄也投手(巨人)

05年、複数の入団テストで不合格する中、巨人で合格。その年始まった育成ドラフトで入団。1年目から1軍登板を果たし、巨人の投手陣にはなくてはならないサウスポー。10年間で624登板、270ホールドは日本記録更新中。年俸も推定3億2000万円という、育成ドラフト選手の中でトップの活躍を見せています。

引退した下位指名の名選手


月刊Hawks(ホークス) 2015年3月号
Fujisan.co.jpより

 

・6位…工藤公康さん 西武に入団。以後5球団をわたり歩き通算224勝。防御率タイトル4度。実働29年は日本記録。

・7位…福本豊さん 阪急入団し通算2543安打。1065盗塁は日本記録。国民栄誉賞を断る。

・6位…掛布雅之さん 阪神で3度のホームラン王に輝いたミスタータイガース。

・ドラフト外…石井琢朗さん 長らく横浜のショートを守った名リードオフマン。4度の盗塁王。1度目はアイドル、2度目はアナウンサーと結婚。

・ドラフト外…秋山幸二さん 走攻守揃った天才。メジャースカウトも目をつけていたスラッガー。

・ドラフト外…松永浩美さん 78年、阪急入団。通算1904安打で史上最高のスイッチヒッターと呼ばれた。日本球界初のFA権行使選手。

・ドラフト外…大野豊さん 76年、広島に入団。148勝138Sと先発・抑えとフル回転のサウスポー。

・7位…大矢明彦さん 69年、ヤクルト入団。高い盗塁阻止率を誇り長年ヤクルトの捕手の座を守った。

 

下位指名で打線を組んでみた

1番…福本豊(左:D7:阪急)

2番…石井琢朗(遊:D外:横浜)

3番…イチロー(右:D4:マーリンズ)

4番…掛布雅之(三:D6:阪神)

5番…秋山幸二(中:D外:西武)

6番…新井貴浩(DH:D6:広島)

7番…福浦和也(一:D7:ロッテ)

8番…後藤光尊(二:D10:楽天)

9番…大矢明彦(捕:D7:ヤクルト)

先発投手…工藤公康(D6:西武)

中継投手…山口鉄也(育成D:巨人)

抑え投手…大野豊(D外:広島)

 

ドラフト制以降の選手を紹介しましたがいかがだったでしょうか。今回挙げた選手の中には、制度の穴をつき一本釣りや下位指名で入団した選手もいるため、一概に『下位指名』とくくるには異論がある方もいると思います。とはいえ、下位指名でも這い上がれる素地は確実にあるプロ野球界。最初は恵まれていなくても才能と運があれば山口投手のように3億円稼ぐことも可能ということです。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。