ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『12月5日はなんの日?』音楽界からも愛された“反アパルトヘイトの闘士”ネルソン・マンデラ氏の命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 12月5日は南アフリカの人種隔離政策・アパルトヘイトの撤廃運動を主導し、同国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ氏の命日である。

 今から3年前の2013年12月5日、マンデラ氏の訃報をうけ、たくさんのミュージシャンが追悼メッセージを寄せたことを覚えているだろうか。27年にもおよぶ獄中生活にも決して屈せず、アパルトヘイトと闘い続けたマンデラ氏は、音楽界からも絶大なサポートを受け、そして愛された存在だ。

 とくにマンデラ氏が獄中にあった80年代には、イギリスを中心とする数多くの世界的ロックミュージシャンが彼の活動に賛同し、音楽を通じてサポートをおこなった。84年にはイギリスのスカバンド、スペシャルAKAがエルヴィス・コステロのプロデュースのもと、プロテストソング「ネルソン・マンデラ」を発表、ヨーロパを中心にヒットを記録した。そして翌85年には、ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのギタリスト、スティーヴン・ヴァン・ザントが発起人となり、マイルス・デイヴィス、ボブ・ディラン、リンゴ・スター、ルー・リード、U2、ジョージ・クリントンら50組以上のミュージシャンが集結、アーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト(アパルトヘイトに反対するアーティストたち)としてシングル「サン・シティ」と同名アルバムを発表している。政治色の強い作品は、ラジオのオンエア回数を反映する全米ビルボードチャートにおいて上位を獲得するのは難しく、豪華アーティストが名を連ねた「サン・シティ」も38位止まりとなった。しかし、同曲はスイス、オランダ、スウェーデンなどのヨーロッパ各国ではTOP10入りを果たしている。

◎スペシャルAKA「ネルソン・マンデラ」
https://www.youtube.com/watch?v=AgcTvoWjZJU

関連記事リンク(外部サイト)

クラブ空間を興奮の坩堝に陥れたジョージ・クリントン軍団。ステージの上から興奮を焚き付ける怒涛の85分を渾身のレポート
U2の最新鋭のステージがスクリーンで体感できる、一夜限りの先行試写会開催
ルー・リードの公開追悼式典がニューヨークで開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。