ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】RADWIMPS『人間開花』と『君の名は。』サントラ、売上げ動向比較

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】RADWIMPS『人間開花』と『君の名は。』サントラ、売上げ動向比較

 12月5日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、RADWIMPSのニューアルバム『人間開花』が20.6万枚で2位以下を大きく引き離して初登場1位。これで『Xと○と罪と』『君の名は。』に続いて、RADWIMPSは同チャート3作目の首位を獲得した。

 『人間開花』には、映画『君の名は。』の主題歌「前前前世」「スパークル」のオリジナルヴァージョンやシングル曲としてリリースされた「記号として」「‘I’ Novel」など新曲を含む全15曲が収録されている。昔からのファンはもちろん、映画をきっかけに彼らのことを知った人たちもCDを買い求め、20万枚を超える初週セールスを記録したと考えられる。

 今回は、RADWIMPSが2016年にリリースした『君の名は。』と『人間開花』の売上げ動向を調査。両タイトルの売れ行きには何か違いがあるのか、SoundScan Japanのセールスデータから両作の初週売上げ地域別トップ10を抽出すると下記のようになる。
『人間開花』2016/11/23リリース
1位:東京
2位:愛知
3位:大阪
4位:神奈川
5位:福岡
6位:埼玉
7位:北海道
8位:千葉
9位:兵庫
10位:静岡
『君の名は。』2016/08/24リリース
1位:東京
2位:愛知
3位:大阪
4位:神奈川
5位:埼玉
6位:北海道
7位:千葉
8位:福岡
9位:静岡
10位:兵庫
 トップ4は両タイトルとも変わらず、東京・愛知・大阪・神奈川となっており、売上げの中心は大都市を抱えている地域と言えそうだ。地域ではそこまで大きな変化はないが、『人間開花』の各地の初週セールスは、『君の名は。』の倍以上の数字になっている地域が多く、大ヒット映画のサントラを手掛けたことにより、バンドの認知度が全国的に広がった結果がセールスにも反映されたとも考えられる。『第67回NHK紅白歌合戦』へ初出場も決定しており、彼らにとって今年はまさに飛躍の年と言えるだろう。

 『君の名は。』サウンドトラックは、リリース初週は5.6万枚のセールスだったが映画のヒットと共に数字を伸ばし続けて、累計で35.8万枚の大ヒットとなっている。『人間開花』もこの先、売上げを積み重ね続けることができるかに注目したい。

※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】RADWIMPS『人間開花』が総合ALチャートでも首位、星野源は約8か月ぶりにトップ10に
【ビルボード】RADWIMPS『人間開花』が206,091枚を売り上げアルバム・セールス1位
【Chart insight of insight】祝紅白初出場! 宇多田ヒカルとRADWIMPSはまだまだ売れ続ける?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。