ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

J・ティンバーレイクがトータル・プロデュースを手掛ける『トロールズ』サントラ盤、全米大ヒットの理由とは?(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
J・ティンバーレイクがトータル・プロデュースを手掛ける『トロールズ』サントラ盤、全米大ヒットの理由とは?(Album Review)

 アナ・ケンドリックやジェームズ・コーデン、シンガーのグエン・ステファニーなど、スーパースターたちが声優を務めたことで、公開前から大きな話題を集めていた、ドリームワークスの最新アニメーション映画『トロールズ』。アメリカでは2016年11月4日に公開され、全米興行収入ランキングでも、上位にランクインする大ヒットを記録している。

 映画の大きなプロモーションに繋がったのが、主役のトロールを担当する、ジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」が、全米でNo.1を獲得したことだ。この曲は、『トロールズ』のサウンドトラック盤から1stシングルとして5月にリリースされ、全米のみならず、カナダやドイツでも首位をマークし、声優陣が総出演したミュージックビデオは8000万回、ジャスティンとダンサーたちによる公式ビデオは、3億回という凄まじい視聴回数を記録している。本作には、その「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」の、アナ・ケンドリックとデュエットした“フィルム・バージョン”も収録されている。

 同サントラ盤は、トータル・プロデュースをそのジャスティン・ティンバーレイクが担当し、マックス・マーティンが手掛けた新曲「ヘア・アップ」や、アリアナ・グランデの新曲として収録される、人気トラックメイカーのイリヤとジャスティンの共作「ゼイ・ドント・ノウ」、グウェン・ステファニーらしいナンバーに仕上がった「ホワット・ユー・ワーキン・ウィズ?」など、最新のポップ・サウンドが目白押し。

 そして、出演者たちによる、過去に大ヒットを記録した名曲のカバーも、本作の聴きどころだろう。アナ・ケンドリックとジャスティン・ティンバーレイクが、掛け合うようにデュエットしたシンディー・ローパーの「トゥルー・カラーズ」(1986年)や、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「セプテンバー」(1978年)、ズーイー・デシャネルが切なさたっぷりに歌う、ライオネル・リッチーの全米No.1ソング「ハロー」(1984年)、ダイアナ・ロスの大ヒット曲「アイム・カミング・アウト」(1980年)を、ラップ調に焼き直し、4人の出演者がコラボするなど、近年のサントラ盤にありがちな、“昔の曲をただ収録しただけ”ではなく、『トロールズ』オリジナルとして収録されているのがウレシイ。

 「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」含め、ドライブやパーティーなどで流すにも最適な、ハッピー・チューン満載の『トロールズ』サウンドトラック盤。映画のクオリティはもちろん、音楽だけでも充分楽しめる作品だ。現時点では日本公開未定だが、海外でのヒットを受けて、2017年には日本でも公開されることを期待したい。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『トロールズ』
VA
2016/11/02 RELEASE
2,376円(tax incl.)
https://goo.gl/oyUy95

関連記事リンク(外部サイト)

【前編】アリシア・キーズ/ジャスティン・ティンバーレイク/ジョン・レジェンド/ファレル/スティング/トーリ・エイモス豪華対談~音楽との出会い、“ヒット”から若手へのアドヴァイスを語る
【後編】アリシア・キーズ/ジャスティン・ティンバーレイク/ジョン・レジェンド/ファレル/スティング/トーリ・エイモス豪華対談~ファン、アーティストの自由、お気に入り映画サントラを語る
ジャスティン・ティンバーレイク、次回作の内容やリリース時期についてほのめかす

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。