体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第52回 <怪獣ブーム50周年企画 PART-5> 『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』

●「怪獣ブーム」とは
 今から50年前の1966年1月2日、記念すべきウルトラシリーズの第1作目『ウルトラQ』が放送を開始した。『鉄腕アトム』や『鉄人28号』などのアニメを見ていた子供達は、一斉に怪獣の虜となった。すでにゴジラ映画は6本を数え、前年の1965年にはガメラがデビューした。『ウルトラQ』終了後、これに拍車を掛けたのが同時期に始まった『ウルトラマン』と『マグマ大使』。見た事もない巨人が大怪獣を退治していく雄姿に、日本中の子供達のパッションがマックスで弾けた。
 これに触発された東映も『キャプテンウルトラ』『ジャイアントロボ』『仮面の忍者赤影』と次々に怪獣の登場する番組を制作。大映はガメラのシリーズ化に併せて『大魔神』を発表し、日活と松竹も大手の意地を見せて参戦した。そして少年誌はこぞって怪獣特集記事を組み、怪獣関連の出版物や玩具が記録的セールスを計上した。これは「怪獣ブーム」と呼ばれる社会現象となり、『ウルトラセブン』が終了する1968年まで続いた。
 ちなみに『帰ってきたウルトラマン』『仮面ライダー』が始まる1971年から1974年にかけて再ブームを起こすが、これは「第二次怪獣ブーム」(「変身ブーム」ともいう)と呼ばれ、最初のブームは「第一次怪獣ブーム」として厳密に区別されている。

◆◆◆

『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』
1966年・東宝
監督/福田純
脚本/関沢新一
出演/宝田明、水野久美、平田昭彦ほか

 1966年の12月、怪獣ブームも佳境に入り、東宝の正月映画(冬休み映画)は3年連続ゴジラだった。公開前に発行された『週刊少年サンデー』で特集された『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』の記事に、当時小1だった私は胸躍った。新怪獣エビラは「放射能液を吸い巨大に成長した、エビ・サソリ・アメリカザリガニを合わせたような怪物」と紹介され、左手のハサミが槍状になっている点が独特だった。

10624.jpg公開前の『週刊少年サンデー』(小学館)/筆者私物 10653.jpgエビラの電動リモコンプラモデルの素晴らしいパッケージアート! だが左手が…(マルサン)/筆者私物

 この作品は製作までに紆余曲折があった。東宝は『キングコング対ゴジラ』(62年)を公開した際、米国RKO社から取得したキングコング5年間分のキャラクター使用権がまだ残っていた。そこで1966年にもう1本、キングコングだけに南海の孤島を舞台にした『ロビンソン・クルーソー作戦 キングコング対エビラ』の企画が進められた。だが、その内容に米国側が不服を唱えたため企画は大幅に見直され、翌年にエビラの出ない『キングコングの逆襲』で公開された。そこでボツになった『キングコング対エビラ』を、主役をゴジラに換えて再生させたのだ。

 漁で行方不明になった兄を探そうと弟の良太は、東京で知り合った大学生の市野と仁田、逃走中の金庫破り・吉川(初代『ゴジラ』の主役・宝田明)を道連れに、ヨットを盗んで出航する。4人は兄が遭難した海域でエビラにヨットを壊され、秘密結社・赤イ竹が核爆弾を製造しているレッチ島に漂着する。赤イ竹は、近くのインファント島から原住民を水上艇(船長は天本英世)で拉致して強制労働させていた。警備隊長・竜尉役は『ゴジラ』で右目、今回は左目に黒眼帯というセルフ・パロディの平田昭彦

 2人の原住民が小舟で脱走を図ると、「ベンベベン」とエレキギターが軽快に鳴り(この頃はザ・ベンチャーズによるエレキ・ブーム)、海中からエビラが出現して槍の左手で2人を田楽刺し! ちなみに体格のよい方は、『キングコング対ゴジラ』(62年)でキングコングの着グルミに入っていた広瀬正一。本来なら今回もコングに予定されていたのだろうが、一転エビラの餌食に……。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。