ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

短期留学との違いは?長期留学(半年〜1年)のメリット10選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
短期留学との違いは?長期留学(半年〜1年)のメリット10選

長期留学のメリットについてのお問合せが増えています。 長期的に海外で過ごす事により、語学力の向上を図り、生活を通して現地の文化を隅々まで理解し、就職やキャリアアップなど次のステップへ繋げたいという希望があるようです。

外国語を流暢に話せるようになるには時間がかかります。 言語を身に着けるためには、その言語の環境にできるだけ長く浸かることが大切です。日常生活の中で様々なシチュエーションに遭遇し、英語で対応することを重ねるうちに、語学が体に染みついてきます。

長期留学に懐疑的な意見もありますが、考え方によっては長期留学は良いことの方が多いのです。今回は長期留学のメリット10個をご紹介します。

 

1.その言語においてエキスパートになれる

その言語においてエキスパートになれる

言わずもがなですが、やはり長期留学のメリットは、その国の言語が流ちょうに話せる様になる点ではないでしょうか。

日々の授業や日常生活で英語を否応なしに使いますので、語学力は確実にアップします。昔の自分の英語力と比較すると、いかに語学力が伸びたか、実感する人が多いです。そしてこの成功体験が、自分に対する自信にも繋がります。

2.自分に対して自信がつく

語学力やコミュニケーション能力が長けてくると同時に、海外での長期生活は自分自身に対する「自信」を高めてくれます。異文化の中で生き残る必要がありますから、思い通りにいかない場面では、色々な工夫や知恵を働かせるクセがつきます。

新しい友だちを作ったり、慣れない環境で生活を維持するというのは、長期留学でしか得られない「ライフスキル」です。日本に居ては経験することが少ないですが、このような体験はあなたの「自信」を大きく伸ばします。

 

3.周りと差がつく、地元のことばを覚えられる

周りと差がつく、地元のことばを覚えられる

長期留学をしている人は、さすがに現地での生活が長いため、スラングはもちろん地元のアクセントなどもマスターできます。話し方や発音が地元の人に似てきたり、コミュニケーションの取り方、ジェスチャーやボディランゲージなど、教科書では学べない特有の表現が身につくでしょう。

地元のことばを習得すれば、地元のコミュニティがあなたを受け入れてくれるでしょうし、これまで以上に自分が滞在している街が「ホーム」だと感じられます。

 

4.何気ない日常の風景が、新たな人生の一部になる

数週間の短期留学も、もちろん大きな影響を与えてくれます。色々な物事を見聞きしたり探求することは、インスピレーションを与えてくれます。長期留学も、はじめの1~2か月は変わりありません。

長期留学のメリットは、時間をかけてその国の事を探求できる点ではないでしょうか。学校の課題をするのにちょうどいいカフェ、行きつけのデリや、一緒に買い物に行く友だちなど、自分の描く生活ができます。

 

5.旅行をする時間もたっぷりある

旅行をする時間もたっぷりある

せっかく留学しているなら、その国についてもっと知りたいですよね。時間に比較的余裕のある長期留学中は、ぜひ色々な地方へ足を延ばしてみましょう。国土が広いアメリカなどは、国は一つでも、東西南北によって地域の特色が異なります。

ぜひ、各都市を訪れて多角的な視点から滞在国について勉強すると良いでしょう。週末や祝日を利用すれば、ちょっとした小旅行ができますし、クリスマスなど長期休暇を利用すれば遠くまで旅行にいくことができます。

LCCや長距離バスを利用し、クラスメイトや友人を誘っていけば宿代も安く抑えられて一石二鳥です。日本から家族や友だちが、あなたを訪ねて遊びに来ることもできますね。

 

6.長期留学はキャリアにも有利になる

長期留学は語学力アップに貢献する点は先ほど述べましたが、キャリアアップの面でもメリットがあります。長期で外国に滞在した経験があるという事は、語学だけでなく、異文化間のコミュニケーションや、その国や地域の特徴、文化、物事に対する考え方なども熟知している事をアピールできます。

例えばあなたが中国に長期留学していたなら、中国でのビジネス文化や習慣を心得ているという点は、採用側には魅力的に映るでしょう。なぜなら、あなたが企業と相手国の架け橋になり得るからです。

 

7.将来の進路が、より明確になる

長期留学は語学コースに参加するだけでなく、様々なコースに参加できる絶好の機会でもあります。インターンシップやボランティア活動など、興味のある分野の活動に、現地の言語を駆使して参加できます。英語を使って出来る仕事は、どんな職種があるのか?

自分はどういった産業に興味があるのか?など、将来に対するビジョンを明確にできる、大変良い機会であると言えます。

 

8.語学力を証明できる

語学力を証明できる

就職や進学の際に、英語など外国語検定の証明書を求められることがありますよね。長期留学をした方の多くは、試験対策を万全にするため、試験内容の研究などにも時間をかけているそうです。

そうして戦略的に、効率よくスコアを上げていけるのも長期留学のメリットです。スコアが高いほど、あなたに対する企業や進学先の関心度は高くなりますから、とても有効です。

 

9.バイリンガルは頭がよい!?

あるリサーチによると、2か国語以上を操ることができる人の脳は、問題解決能力、マルチタスク、決断力に優れているそうです。これは、多言語を操る事によって、認知能力のプロセスが効率的になるからだと言われています。

 

10.母国語のスキルも向上する

外国語と母国語の相乗効果が発生し、母国語のコミュニケーションも明瞭になるのだそうです。無意識のうちに、2つの言語の構造などを比較して考えながら会話をするため、母国語の能力も磨かれるのだそうです。

Licensed material used with permission by EF Education First Ltd. & all photo by shutterstock

 

英語を学ぶ旅へ出る

英語を学ぶ旅に出る_02

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

関連記事リンク(外部サイト)

【マンガ】第6話「インドの洗礼?旅行者はカモ扱い!」大きな手荷物がおっさん達を引き寄せる!
【マンガ】第4話「インドでバスに乗った事を後悔…」ボロボロのバスは冒険への始まりでした!
ワーホリ前に効果的なフィリピンの語学学校3選!英語ができると仕事の選択肢が広がる
学生が150万円を自力で貯める7つのテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。