ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

気をつけたい!子供が冬にかかりやすい「お腹の感染症」とは?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

気をつけたい!子供が冬にかかりやすい「お腹の感染症」とは?
冬になると多く見られるのがウイルス性胃腸炎です。とくに未就学のお子さんがいるご家庭では、この季節、保育園や幼稚園などで毎年流行して、いつ我が家の番かとハラハラする、というご家庭も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、このウイルス性胃腸炎について、医師に解説していただきました。

ウイルス性胃腸炎って何?どんな種類がある?

ウイルス性胃腸炎は子供から大人にかけて年齢関係なく発症し、有名なものとしては、
・ノロウイルス
・ロタウイルス

があります。

ロタウイルスは重症化しやすいだけでなく、死亡例もあるために、大変危険な感染症です。

また、子供のウイルス性胃腸炎は放置しておくと重症化してしまうこともあるため、早期の対応が重要になってきます。

ウイルス性胃腸炎の症状は?

ウイルス性胃腸炎に感染した場合には、まず次のような症状を伴います。
・嘔吐
・下痢
・腹痛

そのため、嘔吐と下痢を発症した場合には、ウイルス性胃腸炎の感染をすぐに疑いましょう。

症状が継続すると体内の水分が不足し、脱水を伴います。さらに、栄養も十分に吸収されなため、栄養不足による倦怠感や脱力感を発症します。
重症化する前にすぐに病院を受診してください。

ウイルス性胃腸炎の薬はない!?

実はウイルスに対する直接的な薬はなく、対症療法がおこなわれます。発熱や下痢、嘔吐の緩和を行いながら治癒を待ちます。
完治には2日から長いと2週間程度かかります。個々によって経過は様々なので、焦らず見守ってあげてください。
また、他への感染の恐れがありますので、症状が緩和しても、しばらく様子を見る事も大切です。下痢や嘔吐によって、体力も奪われてしまいますので、医師と相談しながら回復を待ちましょう。

医師からのアドバイス

ウイルス性胃腸炎で怖いのは二次感染による感染症の拡大です。そのため、なにより大切なのが早期の対応です。これからの季節に嘔吐などがあった場合は、いつものような処理ではなく、念入りに消毒する、症状のあった子となるべく触れ合わないようにするなどして、感染拡大を防ぎましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

ノロウイルスが流行する前に! 基礎的な知識と踏まえて今から感染を予防しよう!
家族がノロウイルスに感染! 二次感染を防ぐ消毒方法は?
ノロウイルスの潜伏期間から原因となった食事がわかる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。