体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケアンズ観光で楽しみたい!日帰りで行ける島まとめ

生活・趣味
ケアンズ観光で楽しみたい!日帰りで行ける島まとめ

南半球の玄関口、世界遺産グレートバリアリーフの拠点として人気の高いケアンズ。日本からLCCの直行便も多数出ていること、時差が少ないこと、治安が良い、などの理由から気軽に行ける観光地となりました。

グレートバリアリーフに浮かぶ島々では、息をのむ程の美しい海とマリンアクティビティを思う存分楽しむことができます。無人島や入場制限のある島へ行けるなんてとてもワクワクしませんか?

 

今回は、ケアンズから日帰りで気軽に行ける島をご紹介します。せっかくグレートバリアリーフに行くのなら、いくつかの島に訪れてアイランドホッピングなんてのも良いですね♪

 

グリーン島 高速船でたった45分!

4656575176_854a62fbbb_b

photo by kayadams.com

ケアンズから最も近く、日帰りで行ける島の代表格です。日本人観光客からの人気が高いため、日本語ガイドのサポートがしっかりしており英語が苦手な方でも安心してツアーに参加できます。

ダイビングやシュノーケルはもちろん、島内にはプールやミニ水族館、ワニ園などもありアクティビティの充実さはナンバーワン!

 

グレートバリアリーフの島では唯一、熱帯雨林の植物が見ることが出来ます。日本では絶対に見ることがないような植物や生物に出会えるかもしれません。1〜3月は雨季なのでそれ以外の時期を選ぶのがおすすめです。

 

ミコマスケイ 透明度ナンバーワンの海

30588048541_11b28a0f1f_b

photo by saori

ミコマスケイは島ではなく、サンゴに囲まれた砂浜です。海に突如ポツーンと現れ、非日常感満載の雰囲気を味わうことが出来ます。

海の透明度は他の島と比べても高く、綺麗な景色を見たい方や熱帯魚、ウミガメと出会いたい方にピッタリ。ふわふわした砂の上でのんびりとくつろぐなんて贅沢も出来ちゃいます♪

船が揺れる場合があるので、酔いやすい人は薬を飲んでおくと◎

 

フィッツロイ島 海も山も楽しめる!

Stworld Osaka Branch Beachteamさん(@stwosaka_beach)が投稿した写真 – 2016 11月 12 6:24午前 PST

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会