ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
成宮寛貴「深夜にお菓子男子したった」疑惑→知育菓子14種集めて調査してみた

 先週金曜日発売の講談社『フライデー』内で、人気俳優の成宮寛貴さんが違法薬物を使用しているのではないかという疑惑が報道され、大きな反響を呼んでいます。

 記事によると成宮さんの友人が成宮さんの部屋で違法薬物を使用している写真を激写しフライデーに提供したそうで、使用方法が生々しく綴られています。しかし成宮さん本人も事務所も、これを強く否定。法的処置も考えているとすぐさま発表しました。

【関連:ねって美味しいねるねるね~るね!に『パフェパフェねるねる』登場】

騒動の発端となったフライデー

■薬物? いやこれは、お菓子じゃないの……?

 ドラマ『相棒』を始めとする人気ドラマや映画と数々の作品に出演し、その甘いマスクから多くの男女を魅了している成宮さんのスキャンダルだけあってファンからは悲痛な声が上がっていましたが、報道直後にフライデーの写真を見たファンが「テーブルの上にねるねるねるねがある」とTwitterで呟いたことで事態は思わぬ方向に発展。
「成宮君、夜中に女子が好きそうなお菓子食べてるのバレたらそりゃ怒るよね……」「ねるねるねるねじゃなくて、たのしいケーキ屋さんじゃないの」など、ファンによる写真検証があちこちで行われたようです。

 というわけで、編集部でも疑惑のお菓子は勿論のこと、似た三角カップのついた商品がないか調べるため14種購入して調査してみました!

疑惑のお菓子含む調査対象商品

■ポイントは容器にある三角部分

 件のトレーは写真の中心部左にあるもので、白い容器には三角の特徴的なくぼみを確認することができます。 しかし、検証用に用意した知育菓子を開けてみると、三角部分が反転してしまうものもちらほら。ネットでは当初「ねるねるねるね」が第一候補に挙げられていましたが、現在有力なのは「たのしいケーキ屋さん」。

(ねるねるねるね)

(ねるねるねるね)
(トレーの底が丸くなっている)

(トレーの底が丸くなっている)

 ねるねるねるねはカップの一部が写真と異なっており全く違うことがわかります。「たのしいケーキやさん」については同じような角度で撮ることができましたが、残念ながら写真をよくよく見てみると容器の底の部分がトレーとは大きくことなり、また横幅も異なることから全くの別ものであることが分かりました。

 他のものも三角部分の角度が写真とは異なっていたり、底の部分が全く違っていたり、はたまたトレーの大きさがどう見ても小さすぎたりと、どれも確信的なものは見つかりませんでした。

(たのしいケーキやさん)

(たのしいケーキやさん)
(同じ配置で写真をとってみた)

(同じ配置で写真をとってみた)

■一体あの容器は何?→どうやら灰皿らしい

 ならば、一体あの容器は何だったのか。薬物疑惑に関する真実の究明も大事ですが、それよりもまずは容器が何だったのかを成宮さんの口から聞きたい……! そんなふうに思い出した矢先、ファンから「容器は灰皿。以前成宮くんが公開した写真に写っている」という指摘が挙がり、「なるほど」と溜飲が下がったのでした。

 写っていたのがお菓子のトレーではないことがわかりましたが、だからと言って今回の疑惑に関して何かしらの進展があるというわけではありません。昨今増えている、芸能人が違法薬物を使用し逮捕されたというニュースには多くのファンが失望し、スポンサーや雇い主となる各企業も彼らへの信頼を失っています。

 薬物汚染は誰も幸せにすることがないことは確か。編集部でも成宮さんファンはいますが、まずは静かに続報を待つのが正しい姿なのかもしれませんね。

検証したおかし3
ドーナツ屋さんのトレー

検証したおかし5
にょきにょきココロントレー

検証したおかし12
くるくるたこやきトレー

検証したおかし2
検証したおかし4
検証したおかし6
検証したおかし7
検証したおかし8
検証したおかし9
検証したおかし10
検証したおかし11
検証したおかし14

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

ツイッターRT数の国内年間トップ10圏内?羽生結弦・織田信成の恋ダンスに期待
『イケメン戦隊21』のキュン殺ワザに赤面必至 「目隠シンデレラ」「胸ドン」など破壊力抜群
仙台名物ずんだ餅本舗の廃業発表に反響 会社経営について考えさせられる…

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。