ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

音楽家・冨田ラボ NYでまさかの運命的な出会いが…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

音楽家・冨田ラボ NYでまさかの運命的な出会いが…
J-WAVEで放送中の「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。12月3日(土)のオンエアでは、音楽家・音楽プロデューサーの「冨田ラボ」こと冨田恵一さんをゲストにお迎えしました。

二人は今回が初対面。葉加瀬は、かねてより冨田さんの大ファンだったそう。一方で冨田さんは、葉加瀬をテレビでよく見ていたこともあって「初めての気がしない」と話していました。

そんな冨田さんが、これまで訪れた場所のなかで印象に残った街を紹介! 挙げたのは、アメリカ・ニューヨークでした。冨田さんが訪れたのは、90年代後半。奥様と新婚旅行を兼ねたプラベート旅行だったそうです。ニューヨークの印象は「とにかくしゃベるスピードが速い」だそうで、ホテルのコンシェルジュに「ゆっくり話してくれ」とお願いしても、何を言っているのかわからなかったそうです(笑)。

そんなニューヨークの街中で、冨田さんはある楽器と運命的な出会いを果たしました。

「高級品ではないけれども、『ちょっと変わったギター』というのを集めていまして。『テナーギター』という、4本弦で通常のギターよりも音域が低いギターがあるんですけど、日本にはまだ輸入されていないんです。ニューヨークの前に訪れたナッシュビルから、楽器屋をまわってずっと探していたのですが、まったく見つからず…。すっかり諦めていたのですが、目的もなく訪れたグリニッジ・ヴィレッジという街で、たまたま小学校でバザーをやっているのを見かけて。そうしたら向こうの方に楽器屋みたいなのが見えたんです。それで行ってみたら、テナーギターがそこにあったんですよ」

この話を聞いて葉加瀬も「それは運命ですね!」と驚きを隠せない様子でした。冨田さんがずっと探し求めて、運命的に手に入れることができたこのギター。手に入れたのが90年代後半なので、現在まで20年近くが経過しています。しかし…

「すごくうれしかったんですけど、特殊なギターなので、今までレコーディングで2曲しか使ってないです(笑)」

使う場面があまりないのはちょっと残念ですね。それにしても素敵なお話でした!

そのほか、オンエアでは、冨田さんの学生時代の話や、最新アルバム「SUPERFINE」の話などでも盛り上がりました。ぜひこちらもチェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:毎週土曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。