体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

片づけをはじめても、すぐに挫折する人に共通する5つの行動パターン

片づけをはじめても、すぐに挫折する人に共通する5つの行動パターン

もう大掃除の季節。新しい年に向けて家の中を片づけしないと、と思っている人は多いだろう。

しかし、いざやりはじめるとなかなか進まず、物はなかなか減らない。掃除途中に出てきた懐かしいものをながめてしまってそれで一日が終わってしまう、というようなことはよくあること。

実は片づけに挫折してしまう人の行動パターンにはある共通点があるという。

『必ずできる断捨離BASIC』(やましたひでこ監修、マガジンハウス編集、マガジンハウス刊)から、そのパターンを5つご紹介しよう。

1、難易度の高い場所・モノから始める

いかにも要らないモノがつまっていそうな物置や、写真や手紙といった思い出が詰まっている宝箱。片づけ下手な人ほど、これらのモノから片づけようとしてしまう。しかし、思い出の品はそもそも捨てづらい。気楽に捨てやすいモノから片づけよう。

2、移動させているだけ

クローゼットを総点検し、丸1日かけてキレイに入れ直したのに数週間後には元通り。これでは、片づけではなく、単なる移動である。まずはモノを減らすことが先決だ。

3、減らしたい以上に増やしている

片づけが苦手な人の多くは、家の中にモノが増えることに無感覚だ。安易に買ったり、もらったりする癖から見直そう。

4、短期間で終わらせようとする

一時的にスッキリさせても、片づけを習慣化しないことには、必ず元に戻ってしまう。その意味でも、長期戦を覚悟した方が成功率は高い。

5、片づけがイベント化している

片づけが挫折する人の口グセNo.1は「まとめてやるから」だという。「まとめてやる」は「もっとしっかり時間がある時に」となっていき、片づけの心理的ハードルがどんどん上がってしまう。毎日少しずつ切り崩すのが、遠回りに見えて近道だ。

 ◇

自分は片づけが苦手だと思っている人は、この5つのクセで当てはまるものをやってしまっているのではないか。一度に一気にやろうとするのを改めるなど、そもそも片づけに対する考え方から変えた方が良いのかもしれない。

「今、ここにいる自分にとって必要か否か」。モノを捨てる基準、取り入れる基準をシンプルな物差しで決めることが、片づけられない自分から脱却する秘訣だ。本書をきっかけに片づけのやり方を見直してみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

パフォーマンスを最大限引き出すためのルーティンの作り方

嫌いな人と一緒にいるほど成功が遠のく?「ガマンすると不幸になること」の見極め方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会