体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海水を飲み込むド迫力!アメリカの「トールの井戸」に吸い込まれそう…

こんにちは!GUCCIです!

「世界で最も◯◯」な場所を巡る、1年間の世界一周の旅。今回は、3ヶ所目の目的地として、トールの井戸に行ってきた様子を、自作の動画と共にお届けします。

 

【世界一周ムービー】#03 世界で最も吸い込まれそうな海 「トールの井戸」

movie by GUCCI

今回はレンタカーで、サンセットの絶景を狙ってトールの井戸に行ってきました。2分間のダイジェスト動画で、僕と一緒にトールの井戸を体験しましょう!

 

トールの井戸って何⁉︎

IMG_5574

photo by GUCCI

トールの井戸はアメリカのオレゴン州「ペルペツア岬」にあります。海岸にぽっかり空いた巨大な穴に、波が打ち寄せては豪快に流れ込む、ちょっと不思議な泉です。

この深さ6メートルほどの穴は、数千年前に暮らしていたネイティブアメリカンがつくった貝塚の跡で、それが波に飲まれ「トールの井戸」がつくられたそうです。

また、トールの泉の近くには、波に合わせて高くしぶきを上げる、スパウティングホーン(The Spouting Horn)という泉もあります。

 

トールの井戸に行くには?

IMG_5600

photo by GUCCI

ポートランドからレンタカーで!

トールの井戸は、ツアーがあるような観光地ではなく、写真家と地元のカップルがこよなく愛する、知る人ぞ知る絶景地です。そのため、ここには個人でレンタカーで行くしかありません!

最寄りの街はユージーン(Eugene)という車で2時間ほどの場所になるのですが、他の観光と合わせるならポートランド(Portland)でレンタカーを借りて行くのが良いでしょう。

太平洋岸を走る101号線(オレゴンコースト)に沿って、3時間ほどのドライブを楽しみましょう!

 

天候が安定するのは6−9月

曇天でももちろん迫力がありますが、やはりサンセットとのセットが格別にキレイなので、天気の良い6−9月に行くのが良いでしょう!

 

綺麗な写真を撮るには?

shutterstock_166060727

photo by Shutterstock

↑サンセットをバックに、豪快に沈み込むトールの井戸

迫力があるのは満潮の前後1時間!

最も豪快に波が流れ込むのは満潮の前後1時間です。それ以外だと井戸の上まで海水が浸らないからです。満潮のときに近くまで寄って写真を撮ろうとすると、どうしても足が濡れてしまうので、ストラップ付のサンダルなどで行くのがおすすめ。

満潮の時刻は毎日変わるので、事前に調べてから行きましょう!トールの井戸の 満潮時刻は下記で調べる事ができます。
http://tides.willyweather.com/or/lincoln-county/yachats.html

 

満潮&サンセットが重なる日を狙おう!

トールの井戸は太平洋岸にあるので、海の向こうに夕日が沈んでいきます。満潮前後で、かつ背景にサンセットが映っている絶景を狙いましょう!

 

三脚を使ってシルクのような写真を撮ろう!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。