体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「2016年ベストゲーム」に選ばれたおすすめスマホインディゲーム8選

Android向けのコンテンツ配信プラットフォーム「Google Play」にて「2016年 ベストゲーム」が発表された。

今回のアワードは、つい夢中になってしまうゲーム、他に例を見ない革新的なゲーム、プレイヤー同士の白熱バトルが楽しめるゲーム、ランキングを賑わせたゲームなどが選出されているとのこと。下記のとおり全8つの部門、各部門5作品の選出となっており、計40作が選ばれている。

・ベスト対戦ゲーム
・ベストイノベーティブゲーム
・ベストインディーゲーム
・ベストトレンドゲーム
・ベストエキサイティングゲーム
・ベストアトラクティブゲーム
・ベストグラフィックゲーム
・ベストファミリー

上記の部門のうち、「ベストインディーゲーム」で選出されている以外の部門にもインディゲームが選出されている。そこで今回は、選出された作品の中からおすすめインディーゲームを8つ選んで紹介しよう。興味ある作品があったらぜひ遊んでみて欲しい。

『Downwell』

『Downwell』は、タイトルのとおり井戸を下っていく下スクロール型のアクションゲームだ。制作者は、現在インディーゲーム制作者として活動しているもっぴん氏。ゲームの特徴としては、「下方向に進むゲームである」という点と「真下にショットを撃つ武器・ガンブーツの存在」という2点だ

操作は、左右ボタンで移動、ジャンプボタンでジャンプ。そして、ジャンプ中に再度ジャンプボタンを押すと、主人公が履いている「ガンブーツ」で、ホバリングしながら真下にショットを撃つことができる。ガンブーツで落下速度を制御しつつ敵を蹴散らし、井戸の中を下へ下へと降りていくゲームだ。

ガンブーツには弾数の概念があり、一回のジャンプで撃てる回数に制限がある。着地することでリロードできるので、残弾数に気をつけつつ、こまめに着地しながら進めていくのが基本となるだろう。

しかし、着地せずに敵を連続で倒すことで報酬が得られる「コンボ」のシステムがある。リロードは敵を踏んだ際にも行われるため、ショットで落下を制御しつつ、敵を次々と踏みながら降りていくことで着地せずに敵を倒していくことが可能だ。非常にテクニカルで最初は難しいが、コンボを上手く決められたときのスピード感と達成感はぜひ体験して頂きたい。

パワーアップアイテムを選んで強化していく要素や、ジェムを集めて買い物をする要素はあるが、ゲームをやり直すたびにリセットされる「ローグライク系」の仕組みとなっている(マップも自動生成だ)。蓄積によってオマケ要素がアンロックされるが、長くプレイしたからといってだんだんゲームが有利になっていく仕組みはない。自分の腕が全ての、純粋なアクションゲームだ。

・iOS

・Android

Android app on Google Play

Steam

(紹介記事)
『Downwell』のアクションに込められた複数のファンクションについて考える
「ガンブーツ」という発明がマリオを超えた。『Downwell』のゲームデザイン

『Lifeline:ホワイトアウト』

image201509012259221-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
 
『Lifeline:ホワイトアウト』はスマホを使ったリアルな時間演出が特徴的な『Lifeline』シリーズの新作だ。今回は、まず『Lifeline』の紹介をしよう。

本作のストーリーは、プレイヤーが未知の衛星に不時着した宇宙飛行士 タイラーからの通信を傍受するところから始まる。タイラーは宇宙船ヴァリアに乗っていた学生で、ラットの研究をしていた。しかし、船は目的地に着く前に不調をきたし、未知の衛星に墜落してしまう。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。