体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Steam初心者にもおすすめなパーティゲーム『Move or Die』 「動かなければ死ぬ」ルールの緊張感で、右へ左へ盛り上がれ!

年末年始である。クリスマスにお正月、忘年会に新年会。パーティの季節がやってきた。今回はそんなアゲアゲでノリノリな季節にぴったりのパーティゲーム『Move or Die』を紹介しよう。

image05
 
今作はルーマニアのインディゲームディベロッパー「Those Awesome Guys」の開発した4人プレイのパーティゲームだ。PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて、1,480円で販売されている。日本語対応済みであるほか、オンラインでのマルチプレイにも対応しており、おうちにわざわざお友達を呼ばなくとも楽しむことができる。

これはインディ発のパーティゲームでは大変貴重だ。開発費用の問題などでオンラインマルチの開発難度はいまだ高い。そのため多くのインディ発パーティゲームがオフラインでのマルチプレイしかできない状態にとどまってしまっている。その点から見れば、労力をかけて作られた意欲作である。

image07
 
その意欲の表れか、多くの言語に対応しているのも売りの一つだ。日本語にも対応しており、翻訳のクオリティは高い。フレンド招待画面で友人が他のゲームを遊んでいると出る「Move or Dieより格下のゲームをやっている」といった喧嘩を売りまくった小粋なジョークもしっかり翻訳されている。一部、アップデートで追加されたばかりの部分に英語が残っているが、海外のゲームは言語の壁が……という方にも安心しておススメできる作品だ。

「動かなければ死ぬ」が生む緊張感

 

image08
 
さて肝心のゲーム内容だが、このゲームの大原則はタイトルの通り「動かなければ死ぬ(Move or Die)」だ。各々が操作するキャラクターにはHPがあり、動かずじっとしているとHPが急速に減り、爆発して死んでしまう。キャラクターが走り回っている間はHPが回復していくので、常に走り回らなければいけない。

ここで重要になってくるのは、空中ではいくら動いてもHPが回復しないということだ。調子に乗ってジャンプし続けてもこれまた爆発してしまう。意識して地面を移動しなければ爆発は免れないということをまず念頭においてほしい。

そんな大原則の中で、プレーヤーたちはさまざまなゲームに挑戦することとなる。さわると死ぬブロックを避け最後まで生き残れ(プレーヤー同士にあたり判定があって、相手を押せる)。最後に一人になるまで銃で殺し合え。時限爆弾を押し付けあえ。ステージに現れる飴を奪い合え、食べ損ねた者から死ぬ。……などなど相手を蹴落とし、友情を破壊し、自分だけが生き残るゲームモードが満載だ。

image03
 
本作はラウンド制になっており、ラウンドごとに違うゲームモードをプレイし、その順位によってポイントが割り振られる。最初に規定ポイントまで貯めたものが優勝だ。だが、優勝に王手をかけるとゲームで1位にならない限りポイントが入らなくなる。常に2位あたりで手堅くポイントを稼いでおけば……といった消極的プレイでは優勝はない。積極的に他プレーヤーを蹴落とす必要がある。

これらのゲームモードは全て1分程度でラウンドが終わるテンポの早いスピーディな調整がなされている。プレーヤーは早い展開を強いられるため、必然的にゲームへの姿勢も前のめりになる。すると時限爆弾を押し付けられまいと画面端に隠れたり、飴を求めて何度も何度もジャンプしたりと、勝負に熱中してしまう。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。