ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

4人目までは想定内、でも…! 周囲の温かさに支えられ、5人目の宝物がやってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20160908152905p:plain

私には、上から小4、小3、小1、年少、4ヶ月の2男3女の子供がいます。

もともと4人までは計画していましたが、正直、5人目の妊娠発覚時は、頭の中が真っ白になり、どうしょう…。って状態でした。

4人の子供を産んで、やはり旦那のみの稼ぎではいっぱいいっぱいだということもあり、私は、昼間パートに出るようになり、少しずつ4人目の手もかからなくなり、自分の自由な時間もとれるようになった矢先の5人目。

本当に生活は、カツカツで、貯金なんかできる状態でもなかったんです。 関連記事:9年ぶり3度目の『年の差ワンモアベビー』。上2人のときと比べて変わったことは…

だから、当初はため息ばかりついて、主人と今回はあきらめることも含め話をしていました。

けれど私自身の内心は、やっぱり授かった小さな命を手放すことはやはり辛く、そんなことを考えている自分が嫌でたまりませんでした。

お互いの母親にだけはこの事実を告げた時に、私の気持ちを楽にしてくれたのは実の母と、義母でした。

お互いの母親からは、「どうするの?」とメールが来て、主人と考えてたことを伝えました。諦めなさいって言われるだろうなって覚悟さえしていました。

しかし母と義母は、傷ついてずっと後悔するのはあなた自身だよ、だからあなたの本心はどうなの?今回まで頑張ってみたら?と返事がきました。

パート先にも、妊娠の事を伝えないといけなくて、私が採用してもらえた時、もう、出産することは無いなという事で採用してくれた上司と社長だったので、当然呆れられるし、退職せざるを得ないと覚悟もしてました。

しかし、職場の方からも「おめでとう」という言葉とともに、「当然産むよね」と言われました。

退職するしかないですよねと話をしたら、まさかの、社長から、戻っておいでよという言葉までいただけました。 関連記事:「誰にも助けを求められない…」産後の退職は苦渋の決断。そんな私にかけられた言葉

そんなこんなで、泣きながら旦那にも「生活は、苦しくて本当に大丈夫か、正直不安しかない、でも、やっぱり授かった小さな命を産みたい」って伝えました。

それからは、旦那も産む方向でいろいろ考えてくれるようになり、私も予定日ギリギリまでパートに行き、無事に出産。

立ち会った直後の旦那とのメールのやり取りでは、『なんかよくわからないけど。感動した』って旦那からの返事。

上の子たちも、それなりに、5人目の世話や、家事を手伝ってくれてます。

そして何より、5人目の笑顔に毎日癒されて、1日があっという間だけど、産んでよかったと、毎日思ってます。

生活は苦しいけれど、見ず知らずの高齢者の方々からの「子は、宝。今は、大変だろうけど、きっと助けてくれるからね」という言葉に励まされている毎日です。

著者:さやぶー。

転勤族で、お互いの両親に頼れず実家から離れた四国の地で毎日あわただしく家事育児をしている。活発なママです。『なんとかなるさ』精神で適当に、イクメン旦那と子育てしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

浅尾美和さんが第二子男児を出産!2学年差男子の育児、超大変・・・の実態とは
子どもが同時に寝たらハイタッチ! ママたちの夢、大人のおしゃべりタイムを作る方法
新幹線のデッキで会った中年のおじさま天使

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。