体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出産の痛みが怖すぎる! 小さいうちに産みたいと焦るも、予定日超過してしまい…

人一倍怖がりでした。

特に怪我などに関しては怖がりなほうで、指をちょっと切ったくらいでもその切り傷を見れないくらい。

結果的にそれが更なる辛さをうんだんだと、今になって思います。

私が子供を産んだのは28歳の時。

年齢的にもそんなに遅いほうではありませんでした。

自身の体重増加は大きかったものの、普通分娩のつもりでがんばっていました。

でも、こんな情報社会。

毎日毎日、ネットで妊娠のことについて調べずにはいられませんでした。

週数、体重、赤ちゃんの情報、出産について。

産休に入ってからは自宅で1人なこともあり、常に調べていたような気がします。

出産がどんなに苛酷なものか、どんな痛さなのか、その際の傷、そのあとの治り、出産が近づくにつれて一番調べたのはこんなことばかりでした。

既に出産した人の話しを聞いても

「出産時、切ったうえで裂けたの~、痛かった~」

「めちゃくちゃ痛かったよ、本当、うめきまくってた」

など、未経験者からしたら怖い言葉をたくさん聞きました。

最後に「でも、大丈夫だよ!」と皆言うのですが、

中にはその痛みから

「もう産みたくない」などと言う人もいて、壮絶な戦いになることは安易に想像できました。

産むのでさえこわいのに、

切る…

裂ける…

もう絶対その後痛いじゃん。

無理無理…どうにか避けたいけど無理だよね。

どうか、早く小さいうちに産みたい。

私は痛さを和らげるにはとにかく早く産むしかない!と思い、

臨月に入ってからはありとあらゆる「早く陣痛を来させる方法」を実施しました。

スクワットはもちろん、お湯につかったり、階段の上り下り、散歩、

オロナミンCを飲む等、ネット上に書かれている情報はすべてやりました。

だんだん近づいて来る出産予定日。

1日違いの予定日だった友人は予定日よりも10日早く出産しました。

私は、なぜか自分は早産なほうだと勝手に思い込んでいました。

なぜならネットで「早産」と入れると、自分にあてはまる行動をしている人がたくさんいたから。

なので、臨月なのになかなか出てこない、友人のほうが先に産んだ。

こんなことで毎日不安でしょうがなかったように思います。

また、子供の推定体重が大き目ということもあり、どうにか早く出産に持っていきたかったです。

毎日、いろいろがんばった結果、結局予定日当日。

ついにおしるしが来ました。病院へ行くと、子供の推定体重は3700g。

ヤバイ…でかい。怖い。絶対痛い、無理、怖い。

しかし、その日はまだ出てくる様子もないからいったん自宅へ帰宅。

今度はネットで「予定日超過」と調べることに。

書いてあるのは怖いことばかり。

普段胎盤は弾力があってやわらかいけど、予定日以降機能が下がってくる…。

さらに、胎便で汚れた羊水を赤ちゃんが飲むと肺の機能も低下し、子宮内の環境が悪化。出生後に呼吸困難や肺炎を起こす可能性も…。

不安はMAXでした。

待つ時間はとても長いし、陣痛の痛さも怖いし切開もこわい。

すべてが怖すぎて、だからこそ、早く産むことに執着がありすぎました。

毎日「陣痛をこさせる方法」をするものの、変わりなし。

どんどん見えないお腹の中で子宮が腐っていくようなイメージで、怖くなってきました。

早く、早く…

ついに、陣痛が来たのは予定日3日遅れの夜中。

「あ、これ陣痛だ」陣痛がわからなかったらどうしようとも思っていましたが、思いのほかこれはすぐにわかりました。

病院に連絡すると「間隔が5分になったらまた連絡ください。」

それから一晩、寝られずに陣痛と戦いましたが、間隔が縮まることはなくずっと5分のまま。

朝、病院に連絡をし、向かいました。

赤ちゃんの体重は3700gくらいと言われ、陣痛室に行きました。

横になってくださいね~と言われ、また陣痛と戦うことに。

3,700gを産むと思うとビビリまくりでした。

関連記事:推定3800g。ビッグな赤ちゃんは骨盤を通れるか?!まさかのレントゲン撮影

しかし、微弱陣痛ということで促進剤を投入、この時点で陣痛開始から13時間。

前日寝ていないので眠さ、腰の砕けそうな痛さで既に意識がもうろうとしていました。

促進剤が始まってからの痛さはハンパない。

無理やり促進させてるんですもんね。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。