体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カフェで出てきそうなサンドイッチ、自分で作るとどこまで近づける?

f:id:uralatokyo:20151109180633j:plain

カフェにはおしゃれでおいしそうなサンドイッチのメニューがあります。

ふわふわなクロワッサンを使ったサンドイッチ、きめの細かいイギリスパンを使ったサンドイッチ、バケットを使った食べ応えのあるサンドイッチ。具もハムレタスやツナ、BLTといったスタンダードなもののみならず、その店ならではのオリジナリティあふれるメニューも少なくありません。

たとえばこれ。生ハムのサンドイッチと、トマトとモッツァレラ、こちらのパンにはオリーブの実が入っています。

f:id:uralatokyo:20151109180649j:plain

こういうサンドイッチ、食べたいけれど女性だらけのカフェに入るのはためらわれるとか、コストパフォーマンスがよくないとか、食べたいのに食べられないというジレンマを抱いたことはありませんか。

でも、よく考えるとサンドイッチの具はスーパーで買えるものばかり。家でどこまでカフェのサンドイッチに近いものが作れるか、やってみましょうか。

今回は肉系と魚系、1種類ずつ作ってみることにしました。揚げ物をはさむと「カフェのサンドイッチ」から遠ざかりそうなので、やめておきました。がっつり食べたいということで、パンはバケットを選択。

f:id:uralatokyo:20151109180719j:plain

こちら、肉系サンドの具。ローストビーフにベビーリーフ、トマト、家に卵があったのでゆで卵。

f:id:uralatokyo:20151109180703j:plain

こちら、魚系サンドの具。スモークサーモン、レタス、アボカド、玉ねぎ、クリームチーズ。

f:id:uralatokyo:20151109180756j:plain

まず食材をカットして……

f:id:uralatokyo:20151109180811j:plain

バケットにバターとマヨネーズを塗り、ベビーリーフをどーんと投入。

f:id:uralatokyo:20151109180824j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会