ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ポルトガルの朝の定番B級グルメ「フランセジーニャ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポルトガルの朝の定番B級グルメ「フランセジーニャ」
J-WAVEで放送中の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。「Cleansui MORNING TABLE」のコーナーでは毎回、世界各地の食卓を紹介しています。12月2日(金)のオンエアでは、ポルトガルの北部の町ポルトをピックアップしました。

首都リスボンに次ぐ規模を持ち、商工業の中心としてローマ帝国の時代から栄えてきた、港町ポルト。ポルトガル建国の地としても知られています。

旧市街は「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録され、その中心に位置するのがサン・ベント駅。国内の鉄道や市内の路面電車の発着駅ですが、構内の壁いっぱいに貼りめぐらされた青い装飾タイル「アズレージョ」が見る人を魅了します。使われているタイルの数はおよそ2万枚。ポルトガルの歴史や文化、人々の生活が描かれています。15世紀ごろ、アフリカから入ってきたとされる「アズレージョ」は教会や民家の壁など、街のあちこちでも見られます。

そして地元発祥の料理は「フランセジーニャ」。ポルトガル語で「フランスの女の子」という意味で、日本で言うところの“B級グルメ”と言えるかもしれません。その昔、フランスに出稼ぎに行った料理人がクロック・ムッシュをアレンジして作ったと言われていて、今ではカフェでの朝ごはんの定番メニューとなっています。

その中身は、スライスしたパンの間にソーセージ、ハムなどの肉を挟んで、チーズをのせて焼きます。ナイフとフォークで大きめに切り、トマトソースをたっぷりかけると、できあがり。

パンに挟む肉は豚、鶏、牛肉などさまざま。複数の肉をはさむこともあり、それぞれの店で肉の組み合わせや、トマトソースで味を競い合います。形などの見た目も含め、レシピ以上に奥深い料理「フランセジーニャ」、いろいろな店の自慢の味を食べ比べしてみたいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時ー11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。