ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冬が旬! 脂が乗った“ぶり”のアレンジレシピ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ぶりが美味しい旬を迎える時期は寒さが厳しい冬から雪が溶け始める頃。この時期の脂がたっぷり乗ったぶりは“寒ぶり”と呼ばれ、最高の美味とされています。成長するにつれて名前が変わる“出世魚”であることから、ぶりはおめでたい魚としても珍重され、神前のお供えものや贈答にも使われます。そんなぶりの美味しい食べ方といえば、塩焼き、照り焼き、ぶり大根などが一般的ですが、今回はゼクシィキッチンならではのアレンジレシピをご紹介!451b0cce 61e3 4257 9d7c 7754c7a71940

脂の乗ったぶりは鍋料理にもぴったり

ぶりのみぞれ鍋

ぶりのみぞれ鍋

出汁を張った鍋でサッと煮て半生の状態で食べる新鮮なぶりの味は格別! ぶりと好相性の大根をおろして加えれば、ぶりの脂が移った出汁がさらに美味しくいただけます。

ぶりのヅケとご飯の相性が抜群!

ぶりのあつめし

ぶりのあつめし

新鮮なぶりをゆず胡椒風味のタレでヅケにして、ご飯と一緒にいただきます。新鮮なぶりの脂と爽やかなゆず胡椒の香りでご飯が何杯もすすんでしまう一品です。

和食の定番を洋風アレンジ!

洋風ぶり大根

洋風ぶり大根

いつもは醤油で甘辛く煮付けるぶり大根、たまにはこんなアレンジはいかがでしょうか。すりおろしてソース状にした大根とブイヨンで煮た洋風のなめらかな味わいはご飯のおかずにもぴったり!

ぶりの美味しさはヒスチジンといううまみ成分のアミノ酸がたくさん含まれているから。また、DHAやビタミンDなどの体にいい成分も豊富です。この冬、美味しい時期を逃さずにぜひ食卓で活用してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

旬のゆずで作る保存食が風邪予防に効果てきめん!
焦げ目がおいしい♪ こんがり感が命の最強チーズレシピ
優しい甘さを堪能! 冬キャベツの煮込み料理3選

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。