ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

家族が感染症にかかったら…どんなことに気をつける?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

家族が感染症にかかったら…どんなことに気をつける?
家族が「お腹の感染症」にかかってしまったら、感染していなくても同居している人は外出してはいけないのでしょうか?
今回は家族が感染症にかかった場合の外出について、医師に詳しい話を聞いてきました。

家族が感染症のとき、外出はしてもいい?

「同じ空間で生活している家族が、ノロウイルスなどのお腹の感染症にかかってしまった、でも自分は特に症状がない」という場合外出していいのかは、結論からいうと、症状がなければ特に外出してはいけないという規制はありません。

もちろん、特に人混み、学校、職場など、公共の場に出向く場合は、ほかの人に感染させてしまう可能性を考え、しっかりセルフチェックをしてから出かけること、延期できる外出はできるだけ後日にする、といった心がけは大切です。

家族が感染症のとき、外出で留意すべきこと

お腹の感染症にかかっている家族と密接に接触しながら生活をしている人が外出する場合、

・抵抗力の弱い赤ちゃんやお年寄り
・糖尿病など免疫力に関係する基礎疾患のあるかた

などに接するような機会は、できるだけ避けましょう。

また、ウイルスが体内にある可能性を考え、自分自身のためにマスクをしたり、免疫力を落とさないよう暖かい服装をしましょう。

万一を考え、遠出はしない、外出を短時間にとどめられればよりいいでしょう。やむを得ず旅行などに出かける際は、突然の体調変化に備えて、着替えを多めに持って行ったり、体温計やおなかの風邪に効く薬などを、荷物の中に入れておくと安心です。

家族が感染症にかかった場合の考え方

小さなお子さんがいたり、大人数で生活する家庭では、特に冬場は家族のだれかがお腹の風邪にかかってしまうことは避けられない面があります。
また、保育園、幼稚園や学校などで集団生活を送っている子どもが風邪をもらってきてしまうということも考えられます。

もちろん、お腹の風邪を外の人にうつさないために細心の注意を払うことは大切なことですが、家族全員が一人の病状のために、症状がないにもかかわらず学校も職場も休んで潜伏期間が過ぎるまでの間、ずっとが家庭で過ごすというのも現実味のない話ではないでしょうか。

医師からのアドバイス

家族が感染症にかかった場合、いつも以上に体調管理や変化に気をつかい、学校や職場などには自宅で家族がお腹の感染症にかかっていることを申告したうえで、手洗いうがいなどのマナーも気をつけつつ、生活すればいいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

ノロウイルスが流行する前に! 基礎的な知識と踏まえて今から感染を予防しよう!
家族がノロウイルスに感染! 二次感染を防ぐ消毒方法は?
ノロウイルスの潜伏期間から原因となった食事がわかる!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。