ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

音楽プロデューサーの朝本浩文氏が逝去、享年53歳

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

音楽プロデューサーの朝本浩文氏が11月30日に逝去したことが明らかになった。享年53歳。妻の由美氏が、朝本氏の療養生活を支援するプロジェクト「AID FOR Asamoto」のFacebookにて公表した。葬儀はすでに密葬で執り行われており、後日、見送る会を開催する予定とのこと。

1985年、AUTO-MODのキーボーディストとして活動を開始し、1986年からMUTE BEATにキーボーディストとして参加。その後、音楽プロデューサー、作曲家、アレンジャーとして、UAをはじめTHE BOOM、Sugar Soul、ZEPPET STORE、THE YELLOW MONKEYなどの数多くのアーティストを手がけてきた。

朝本氏は2014年9月に自転車事故で頭部を強打して以来、意識不明の状態が続き、2年2か月もの間、療養生活を送っていた。

「AID FOR Asamoto」Facebook
https://www.facebook.com/AID.for.Asamoto/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。