体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。

なぜなら『ダージリン急行』や『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督とエイドリアン・ブロディがタッグを組んでいるというのだから、映画好きには必見です。

オシャレでレトロな雰囲気の衣装やセットには、ウェス・アンダーソン監督らしいこだわりが感じられますね。

せっかくの
クリスマスなのに…

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

今日はクリスマス、でも「H&Mウィンターエクスプレス」は、線路の上で朝を迎えることになりました。悪天候と線路の状況が悪いことが重なり、このあとさらに11時間半の遅延が決定してしまったのです。

せっかくのクリスマスなのに、列車の中で過ごすことになってしまった乗客たちに、エイドリアン・ブロディ演じる車掌のラルフは、残念なニュースを伝えなければなりません。

「カフェテリアへ
お集りください」

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

「乗客のみなさまには、大変ご迷惑をおかけします。誠に申し訳ありませんが、クリスマスは車内で過ごしていただくことになります。ささやかですが、20分後にカフェテリアでクリスマスブランチを催しますので、ぜひお越しください」

愛する人のもとへ
向かおうとしていた乗客は…

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり 乗客たちは、それぞれ愛する人たちの元へ向かう途中でした。用意してあったプレゼントは、残念ながら大切な人に渡すことができなくなってしまったのです。電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

ひときわ悲しそうな、「単独小児旅客」の札を下げた少年。

鉄道ならではの準備!?
窓から袋やモミの木をキャッチ

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり 一方、鉄道クルーたちはというと…。動いている電車からすれ違いざまに、袋をキャッチしたり。電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり

さらに、モミの木らしきものも。

アナウンスから
19分後

電車のなかのクリスマス。ウェス・アンダーソン監督のショートフィルムにほっこり
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。