体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の「KAWAII」でいっぱい!東北の伝統工芸に出会うおすすめ厳選スポット

日本の「KAWAII」でいっぱい!東北の伝統工芸に出会うおすすめ厳選スポット green

伝統工芸品と聞くと、高級なイメージがしてなかなか身近に感じない方も多いと思いますが、実は、普段の生活で使える実用的でかわいいものがいっぱい!

そこで今回は、東北の“実はオシャレ”な伝統工芸に注目し、おすすめの旅スポットを厳選してご紹介♪

カラフルでかわいい、シンプルで暮らしになじむ、ハンドメイドで一点もの…など、気になる伝統工芸品がたくさん。

産地で本物に触れ、ご当地の美味や温泉を堪能する、東北の旅に出かけよう!

青森県南部地方 南部裂織(なんぶさきおり)

古布を裂いたものを横糸に、ひと織りひと織り心を込めて作るので温かみがあり、しかも丈夫。無数の色が作る色彩がキレイで、すべて一点モノだから、全部欲しくなっちゃう。工房「澄」chou海を望む庭で食事をしながらおしゃれに読書なんてステキ!裂織ブックカバー3726円(カネイリミュージアム)/工房「澄」chou、ガーデンレストラン フェザント

工房「澄」chou

工房「澄」chou古い浴衣などの古布を洗って裂いた横糸。布の模様の効果で、想像を超える複雑で美しい色彩が生まれる 工房「澄」chou井上澄子氏とカネイリのコラボ、kofuは2013年度グッドデザイン賞受賞 工房「澄」chou同じ柄なのに少しずつ表情が違うペンケース(各3726円)とポーチ(4536円) 工房「澄」chou色鮮やかなコースター(各500円)を置くだけで食卓がおしゃれに

井上澄子氏主宰の工房で、様々な裂織製品を購入できる。その時の感情が織目に表れるというほど心を込めた作品は、ほっこりあったか。 工房「澄(ちょう)」chou

TEL/0178-24-5045

住所/青森県八戸市三日町11-1八戸ポータルミュージアム「はっち」4階ものづくりスタジオ

営業時間/10時~17時

定休日/火・水

アクセス/八戸道八戸ICより10分

駐車場/なし

※見学は要問合せ。電話が繋がらない場合は留守番電話に伝言又はFAXにて。購入は4階の工房の他、1階のカネイリミュージアムでも。同店では、カネイリと井上氏のコラボ作品を購入可

ガーデンレストラン フェザント

ガーデンレストラン フェザント獲れたてアワビがたっぷり入ったパスタと八戸前沖さばをのせたピザ
1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。