ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)カカオ研究所生育レポートより

日本初!カカオツリーのオーナーになって、チョコレートヌーヴォーを。」で以前ご紹介した、世界に一つだけの、とっておきのチョコレート。

1年間、ベトナムにあるカカオツリー農園のオーナーになって、とれたてのカカオから生まれる、新鮮な初物チョコレートを堪能しようというものなのですが、これを筆者が衝動買いしたのは今年の1月でした(一番お安い2万円のコースですが)。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

そして12月1日、待ちに待ったチョコレートヌーヴォー(プレーンチョコレート20枚)が届いたのです! パッケージが可愛い。カカオツリーに下げていたプレートも可愛い!

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

早速開封してみます。なにやら枯山水のような素敵な模様。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

割って食べてみます。ミルクチョコレートではないので当然まず苦味が感じられます。そして、その後・・・ものすごくフルーティーです! さすが、「ベトナムカカオ豆が一番美味しくなる独自の発酵方法」にこだわり、新鮮な豆をすぐに焙煎したというだけあります。まさにヌーヴォー! お酒に合いそう。つい昼間からボジョレーヌーヴォーを開けてしまいました。最高の組み合わせかも?

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

さらに、「ぜひ試食してください」と一緒に送られてきたカカオニブのサンプルも食べてみます。カカオニブ。初めて聞いたのですが、カカオ豆を焙煎して砕き、殻を吹き飛ばして残ったカカオ粒なのだそう。袋を開けると干しぶどうのような甘い香り。でも一口食べると食感に驚きます。ナッツに近いざくざくとした独特の心地いい食感なのですが、風味は果実のよう。これもお酒によく合いました(笑)。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

勢い余ってチョコレートとカカオニブをトッピングしたマフィンを作ってみました。これが予想以上にヒット! カカオニブは香ばしく焼けていいアクセントになり、チョコはとろりとしたときまた風味が立ち、たまりません。ちなみに、写真のように上にチョコをトッピングすると焦げやすいので、中に3切れくらい景気よく入れるのがおすすめ。カカオニブは写真よりもっとたっぷりまぶした方がおいしいです!

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

そしてベトナムの木工所で作られたというプレートがあまりにも素敵なので・・・

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)Aya Yamaguchi

キッチンの横の壁に設置してみました。いいインテリアになっています。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
日本初!カカオツリーのオーナーになって、チョコレートヌーヴォーを。
苺チョコ味のビール「ストロベリーチョコレートスタウト」が気になる
次のブームはコレ!NYで流行中の人気菓子パン「チョコレート・バブカ」

さて、このカカオツリー制度では、チョコレートのできあがりを待つ間、三回に渡り生育レポートが送られてきます。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
3月27日に届いたレポートでは、
「熟した果実の中にはパルプと呼ばれる白い果肉、そして果肉に包まれた種がカカオ豆です。果肉は甘くおいしいのですが通常食べることはあまりありません。でもおいしいのになんだかもったいない… そこで私たちは果肉からシロップやワインを作れないかと研究中です」とあり、この果肉を食べてみたくてたまらなくなりました。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)カカオ研究所生育レポートより

6月2日のレポートでは、「プレートデザインにミスがあり、全てのプレートを作り直すことに致しました」との報告も。たしかに文字がかすれていて、後ほど送られてくるものとは全然違いますね。ここで妥協しなかったことに信頼感がわきました。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)カカオ研究所生育レポートより

8月13日のレポートでは、すくすく育つカカオの実のそばで咲くカカオの花が想像以上に可愛らしいことにびっくり。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C) カカオ研究所

このプロジェクトを運営するカカオ研究所は今回、チョコレートの他にもカカオフルーツワインやカカオの果肉を絞ったシロップなどの商品も開発したそう。どれも買ってみたくなる魅力的なラインナップなのですが、ただいま通販準備中のよう。待ち遠しいですね。

ベトナムにカカオの木を買って届いた「チョコレートヌーヴォー」を食べてみた
(C)カカオ研究所生育レポートより

現地農家への貢献にもなる “Bean to Bar” のチョコレート。
いつか農園観光ツアーに行ってみたいな。

[カカオ研究所]
[Photo by shutterstock.com]

■あわせて読みたい
毎日2万個売れる!?みんなに愛されるチョコレート屋「バニラビーンズ」
【ばらまき土産に】ヨーロッパのスーパーで買えるおすすめ板チョコレート5選
ハワイの数量限定土産!かわいいピンク色のチョコレート・マカダミアナッツ

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。