ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いきものがかり「風が吹いている」はアノ曲を意識

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

いきものがかり「風が吹いている」はアノ曲を意識
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。毎回、さまざまな切り口で最先端の音楽を紹介しています。12月1日(木)のオンエアでは、木曜ミュージックオペレーター、いきものがかりの水野良樹と「SING A SONG」を選曲のキーワードに、みんなで歌いたくなるような曲をお届けしました。

水野が選んだ曲はこちら。

■John Mayer「Waiting On the World to Change」

「メッセージ性の強い曲ですが、『待っているばかりではいけない』と思う時代だからこそ、いろいろな意味をもってくると思います。実際に声を出さなくても、気持ちを一つにして、前に進むことができるのではないかと思います」(水野、以下同)

サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」

「このイントロや歌い出しの掴みには敵わないです(笑)。デビュー前に横浜アリーナでライブを見させていただいたんですけど、この曲がかかった瞬間、みんなが急に手を上げ始めて、会場のスイッチが入りました!」

■赤い鳥「翼をください」

「僕らの頃だと教科書に出てきて、合唱曲のイメージが強いかもしれませんが、原曲はもう少しパワー感がある感じです。ライブ映像もかなりロックというか、激しいです。合唱曲になっている曲も元をたどっていくと、雰囲気の違う曲だったりすることもあるのかなと思いました」

■SNAIL RAMP「MIND YOUR STEP!」

「まさに僕の世代です。高校のときは、絶対にコピーしているバンドがいました。この曲は学祭で盛り上がるんです。英語の発音は全く分からないけど手を上げてみんなで盛り上がる…っていうのを、僕は後ろから見てました(笑)」

■THE BEATLES「Hey Jude」

「ロンドンオリンピックは、いきものがかりの『風が吹いている』がNHKのテーマソングだったこともあって現地に行きました。開会式でポール・マッカートニーが『Hey Jude』を歌っていて、当時、震災が起きたばかりで、『これから変わっていく時代は、あなたたち次第なんだよ』っていうのが非常に響きました。最後は大合唱になってすごく響いて、みんなで歌うっていうことは、時代を動かしていくんだって思いました」

ちなみに、水野は「Hey Jude」の合唱部分に憧れていたそうで、「風が吹いている」でも合唱する部分作ろうと思ったそうです。いきなりの”告白”に藤田も「そんな秘話が!」と感心していました。

そのほか番組では、明治学院大学のバンド、YUTORI-SEDAIを紹介したりと、“SONAR”(音楽感度)が磨かれる90分でした!

番組では毎回、SONARに引っかかった曲をどんどん紹介しています。みなさんも #sonar813やメールで教えてください。

■今回のオンエア曲
ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」
The Lemon Twigs「Those Days Is Comin’ Soon」
the peggies「LOVE TRIP」
YUTORI-SEDAI「願い事」
yahyel「Alone」
Dua Lipa「Blow Your Mind」
Eric Bent「You’re The Only One」
WOMCADOLE「唄う」
THE BEATLES「Hey Jude」
SEKAI NO OWARI「ファンタジー」
For Tracy Hyde「SnoWish; Lemonade」
cero「街の報せ」
向井太一「SLOW DOWN」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分―25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。