ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

独身20代と40代、どんな家に住んでる? 賃貸・持ち家? 間取りは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
独身20代と40代、どんな家に住んでる? 賃貸・持ち家? 間取りは?

今や独身でいることは珍しいことではありません。2015年の国勢調査によると、男性の25~29歳では72.5%、40~44歳では29.3%が、女性の25~29歳では61.0%、40~44歳では19.1%が未婚。2000年の未婚率と比較すると、特に40代の未婚率の上昇が大きい状況です。今回は20代、40代の独身のみなさんが、どんな家に住んでいるのか、間取りや広さなどを具体的に聞いてみました。

20代では8割が賃貸物件に。40代になると持ち家率がアップ

まず、彼らがどんな家に住んでいるのかをチェックしていきましょう。

20代、40代別に見ると、20代では80.4%が賃貸なのに対し、40代では67.6%と低くなり、社宅や寮は20代が14.8%、40代が4.8%でした。驚くべきは持ち家で、20代はわずか2.4%ですが、40代は23.6%。年齢があがり、貯金も増えたところでマンションなどを購入する人が増えるということなのでしょう。【画像1】40代で持ち家に住んでいる人は23.6%と20代に比べ21.2ポイントも高い結果に(SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】40代で持ち家に住んでいる人は23.6%と20代に比べ21.2ポイントも高い結果に(SUUMOジャーナル編集部)

男女別で見ても、持ち家率は、男性40代で24.3%、女性40代が22.2%なので、男女ともに同じくらいの割合で住まいを購入していることがわかります。【画像2】どの年代も、賃貸に住む人が多いのには違いはないが、40代は男女ともに持ち家率が20%以上という結果に(SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】どの年代も、賃貸に住む人が多いのには違いはないが、40代は男女ともに持ち家率が20%以上という結果に(SUUMOジャーナル編集部)

年齢が上がると、キッチンやトイレが独立した広い部屋に引越しを決める!?

月々の住居費負担を見ていきましょう。20代、40代ともに一番多かったのは6~7万円未満。しかし、年齢が上がると収入も上がるためか、40代では10万円以上の人も1割以上いて、余裕を感じられる結果となりました。【画像3】年代別で見ても、6~7万円未満がボリュームゾーン(SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】年代別で見ても、6~7万円未満がボリュームゾーン(SUUMOジャーナル編集部)

これは間取りにも表れていて、20代、40代ともにワンルーム・1Kに住んでいる人が1位でしたが20代では75.6%、40代では32.8%と、42.8ポイントの差がありました。40代はその代わりに2K・2DK ・2LDKが27.2%、1DK ・1LDKが24.4%。さらに3K ・3DK ・3LDKは11.2%もいる結果に。一人暮らしだとすると、贅沢な間取りですよね。

1DK ・1LDK以上になると、キッチンやトイレが独立した間取りが多くなります。年齢が上がり、1人暮らしが長くなると、部屋の広さはもちろんですが、自炊をしやすかったり、水回りが快適な部屋に引越しを決める人が多いのかもしれません。【画像4】20代はワンルーム・1Kが圧倒的だが、40代になると、2K・2DK・2LDK以上に住む人の割合が増える(SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】20代はワンルーム・1Kが圧倒的だが、40代になると、2K・2DK・2LDK以上に住む人の割合が増える(SUUMOジャーナル編集部)

部屋の広さはというと、20代に比べて40代では住居の広さが大きくなる傾向がありました。細かく見ると、20代は25m2未満で暮らしている人が約6割なのに対し、40代では25m2未満の人は全体の3割にも満たず、40m2以上の人が全体の3割を超す結果となりました。【画像5】20代は25m2以下に集中しているのに対し、40代は30~40m2が一番多いものの、各項目にまんべんなく分布している(SUUMOジャーナル編集部)

【画像5】20代は25m2以下に集中しているのに対し、40代は30~40m2が一番多いものの、各項目にまんべんなく分布している(SUUMOジャーナル編集部)

いかがでしたか? 全体的に、20代より40代のほうが収入が増え、生活が安定するからか、どの質問に関しても回答が分散していることがわかります。回答が分散するということは、生活に幅があるだけでなく、それぞれ自分が重視したいことにも幅があることが想像できます。例えば、環境の変化に合わせて移動がしやすいように賃貸がいいという人、部屋は狭くてもいいから交際費や生活費にお金をかけたい人など、収入に余裕があるからこそ選択肢が増えるのでしょう。

住まい探しは人それぞれ。何を重視するかは、その人によって変わります。また、収入や休日の過ごし方、飲みに行く頻度など、同じ人でも年齢によって変化するため、取り巻く状況が変わったなら、住まいを替える選択をするのもいいでしょう。その時々の、あなたが優先したい条件で住まいを選ぶのが正解です。●調査概要

[SUUMO 20代・40代シングル調査]より

・調査期間:2016年9月16日~2016年9月21日

・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)

・対象:首都圏居住、年収200万円以上、20代・40代

・有効回答数:男女500名(20代:250名(男性 96名、女性 154名)、40代:250名(男性 169名、女性 81名))
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/11/121296_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

独身20代と40代、住まい選びで重視するのはどんなこと?
独身40代は駅チカ物件住まいが多い? 20代は部屋の狭さに不満あり
独身20代と40代、将来は家を持ちたい? これからの住まいを調査

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。