ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

雪国の自然と味覚を満喫!冬限定の「レストランかまくら村」が幻想的すぎる【長野】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
レストランかまくら村

覚えていますか?子どもの頃、雪が降ったらやってみたかったこと…雪合戦に雪だるま、そしてかまくら作り!

雪合戦も雪だるまも記憶にあるけど、かまくらが作れるほど雪が積もらなかった…そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

豊富な積雪量を誇る長野県飯山市では、2017年1月27日(金)~2月28日(火)までの約1カ月間、雪で作った約20基のかまくらが登場し、なんとレストランとしてオープン(要予約)♪

この地域の名物「のろし鍋」を頂けるんです。

こんな特別な冬時間、他ではなかなか味わえません!

憧れだったかまくら体験、この「かまくらの里」で実現してみませんか?

意外と快適♪雪で出来たかまくら個室

かまくらの里

飯山の冬の風物詩

冬に一面の銀世界で覆われる飯山市の信濃平にこの時季現れるたくさんのかまくら…。

「かまくらの里」として、毎年たくさんの観光客が訪れる冬の風物詩となっています。

本来この場所は広大な水田が広がる飯山屈指の米どころ。

冬場は積雪が水田を覆いつくし幻想的な白銀の世界を創り上げます。その雪を利用し、地元の人々の手によりさまざまな大きさのかまくらが作られます。かまくらの里専用のバルーンを使い、地元の人の手で作られる

「レストランかまくら村」のかまくらは、定員8人という大きなものもあり、中にはテーブルと椅子も設置されており、その雰囲気はさながら「半個室レストラン」。

冷たい風はさえぎってくれますが、雪でできた壁に囲まれているため、内部はひんやり。防寒対策はしっかりと!レストランかまくら村

家族で入ってもゆったりとくつろげる!

雪遊びの後は、味噌仕立ての熱々「のろし鍋」に舌鼓!

ひとしきり雪を堪能してお腹が空いてきたら、いざ「レストランかまくら村」へ。

予約制で名物・のろし鍋と、ここ飯山で収穫されたコシヒカリの塩むすびをセットで注文することができます。のろし鍋

みゆきポークを使ったのろし鍋。熱々の状態で召し上がれ!

のろし鍋とは、飯山ブランド豚「みゆきポーク」やきのこ、白菜などの地元産野菜をふんだんに使った信州味噌仕立てのお鍋。

その名前は、戦国時代に黒岩山にあった上杉謙信の「のろし台」から由来していると言われています。レストランかまくら村

持ち込みもOK。うどんを持ち込んで締めは煮込みうどん…♪

レストランの予約時間は昼の部と夜の部に分かれており、夜の部ではライトアップした美しい世界を見ることができます。

昼の青空の下に広がる銀世界と、ロマンティックな夜の雪化粧…どちらも魅力的!レストランかまくら村

夜は明かりが灯され幻想的な雰囲気

まとめ

2月11日(土)・12日(日)の二日間は「かまくら祭り」も開催され、たくさんの人でにぎわいます。

当日は音楽ライブや雪を使ったゲーム、餅つき大会、スノーモービル乗車体験、スノーシュー体験などイベント満載!夜には花火大会もあり、雪に映える大輪の花火を堪能できます。

今年の冬は飯山「かまくらの里」で特別な思い出を作りませんか?

空席情報の確認はこちらかまくらの里

特別な冬の一日を、「かまくらの里」で レストランかまくら村

開催場所/長野県飯山市かまくらの里

期間/2017年1月27日(金)~2月28日(火)まで ※要予約

定休日/水曜日

時間/平日(昼)12:00~13:30(夜)17:30~9:00

土・日曜日(昼)11:00~12:00、13:00~14:00(夜)16:30~17:45、18:30~19:45

料金/(昼)大人2500円、小学生1500円

(夜)大人2,700円、小学生1,700円

※内容「のろし鍋+おにぎり」

アクセス/車:上信越道豊田飯山ICより25分

※カーナビを利用の際は「レストランことぶき村(長野県飯山市寿807-2)」を検索

電車:北陸新幹線「飯山駅」またはJR「戸狩野沢温泉駅」からタクシー15分、またはバス20分

「レストランかまくら村」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

冬休みの家族旅行におすすめ!子供と一緒に楽しめる武家屋敷跡や茶屋街など、金沢おでかけスポット20選!
冬休みに家族で仙台の美味しいものをいっぱい食べよう!仙台のオススメおでかけスポット20選!
子供連れにおすすめ!冬休みに神戸で家族旅行をするならここ♪異国情緒あふれる街のおでかけスポット20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。