体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク

実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
フレッツ光からニューロに乗り換えた比較レポートです。回線の切り替え期間中に、それぞれの速度を比較しました。回線地区は東京足立区です。ベンチマークを沢山とったらいろいろ分かりました。記事内で紹介します。

ちなみに契約していたフレッツ光は、戸建て向け(フレッツ光ネクスト ギガファミリースマートタイプ 月5000~6000円ぐらい)の1Gbpsです。下り上りは概ね1Gbpsと書かれています。
切り替えたニューロは、、戸建て向け(NURO 光G2V 下り最大 2Gbps / 上り最大 1Gbps 月5000~6000円ぐらい)の2Gbpsです。費用的にもSPEC的にも、同じぐらいです。

NURO 光 (Sony Network Communications Inc.) 

最近フレッツ光が激遅になった

フレッツ光を契約したのは約1年半前です。契約した当時は、100Mbpsの速度がありました。最近は契約世帯が増えたせいか、夜になると1.8Mbpsという記録を叩き出す次第です。ブロードバンドを超えた!もはやナローバンドだ!というわけで、ニューロに切り替えました。ちなみにUSENスピードテストなので、信頼性は低いのであくまでもこれは簡易計測です。実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
じらす必要もないので測定結果からお伝えします。NUROのよいしょ記事ではありませんので、ちゃんと公平に計測しています。

回線速度の測定は、NUROオリジナル通信速度測定システムと、マイクロソフトのネットワーク回線速度測定システム「Network Speed Test」を使いました。USENのベンチは不確かです。

そしてフレッツ光が遅くない時間帯で比較しています。ベンチは3回づつです。NUROの方が、2倍くらいの速度が出ていることが分かりました。

フレッツ光 LAN接続(1Gbps接続)ベンチ結果

コントロールパネルから、ネットワークと共有センターを開きインターネットの状態をチェックしています。フレッツ光のルーターの直接LANを接続すると速度が1Gbpsの接続ができます。
実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
こんな感じに直接LANを接続します。この状態でNUROオリジナル通信速度測定システムでベンチマークを取ります。
実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
1回目ベンチ 下り106Mbps/上り242.4Mbpsとなかなか高速です。
実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
2回目ベンチ 下り67.22Mbps/上り422.9Mbps。
実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
3回目ベンチ 下り64.17Mbps/上り154.6Mbps。
実際に2回線を引いて比較!フレッツ光とニューロ(NURO)の戸建て向けの速度・検証・比較ベンチマーク
次は「Network Speed Test」にて3回ベンチマークを取ります。「Network Speed Test」の方が現実的な回線速度にみえます。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。