ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

田中道子と神戸ドライブ 芦屋で蕎麦の名店へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

田中道子と神戸ドライブ 芦屋で蕎麦の名店へ
J-WAVEで放送中の番組「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」(ナビゲーター:細川茂樹)。12月は5週にわたって、女優の田中道子さんと大阪を出発してホリデーシーズンの神戸をドライブします。12月2日(金)のオンエアでは、大阪から神戸へ向かう途中、芦屋で番組恒例のお蕎麦屋さん寄り道。

新大阪駅を出発して、阪神高速3号神戸線を西へ神戸を目指すドライブ。今回、細川と一緒に出かける田中道子さんは、2013年ミス・ワールド日本代表に選ばれた後、モデルとして活動。今年女優として活動をスタートし、人気ドラマ「ドクターX」で西田敏行さん演じる蛭間病院長の秘書役としてもお馴染みです。

大阪から阪神高速で40分。セレブな町、芦屋へ。「関西で食べるお蕎麦は期待していい」と断言する細川と共に向かったのは芦屋にある名店「土山人(どさんじん)」。大通りから住宅街に入ったマンションの1階にその店はありました。

細川はいつもの「とろろせいろ」。田中さんは迷いながら「辛味大根おろしそば」を。蕎麦は喉ごしのいい細挽きで注文。粗挽きの蕎麦をチョイスした細川は、さらにかき揚げを追加注文しました。

「土山人」というお店、二人の印象は、器も和風で統一感があり「美しい・かわいい・きれいがはまるお蕎麦屋さん」。細川は「薬味のネギが繊細さを物語っていていいね。つゆの中にワサビを入れるとフワッと広がる、12月の儚い粉雪みたいな感じで」といつも以上に饒舌に語り、お蕎麦も「繊細」という言葉がぴったりの味だったようでした。

「土山人」という名前の由来は、お店に縁のある陶芸家の雅号からいただいたものだそうです。器に目を凝らすと、最初に出される湯のみの形や、器にもこだわりを感じさせ、箸や薬味なども含め、細川は「お蕎麦は一つのストーリー」と、その繊細な味に満足していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」
放送日時:毎週金曜 16時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。