ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

12月10日は皆既月食! しかも日本全国で食の全過程が観測可能という貴重な日

DATE:
  • ガジェット通信を≫


photo by Flickr:motjetom

12月10日の皆既月食は日本全国で観測が可能な上に、月食の食の始めから終りまでの全過程を堪能できるとあって、天文ファンのみならず普段関心がなかった人でも「是非見たい」という気持ちにさせられますよね。

今回の月の欠け始めは、日本全国どこから見ても同じく21時45分スタートです。

そして日をまたぎ午前1時18分には、月が地球の影から出て満月の形に戻り終わりを告げます。

更に詳しい月食の経過は以下をご覧下さい。
 

半影食の始まり 10日 20時31.8分
部分食の始まり 10日 21時45.4分
皆既食の始まり 10日 23時05.7分
皆既食の最大 10日 23時31.8分
皆既食の終わり 10日 23時58.0分
部分食の終わり 11日 01時18.3分
半影食の終わり 11日 02時31.7分

観測中にTwitterなどで報告しあえば、全国の人と一緒に月を眺めているようなグルーヴ感を味わえそうですね。

天文ニュースサイト「Astro Arts」には、今回の皆既月食についてこのようなことが書かれていました。

「皆既月食は夜空の明るい市街地でもじゅうぶんに楽しめますが、空の暗いところでは皆既中の満月と冬の天の川の共演が見られることでしょう」

天の川との共演なんて、とてもロマンチックですよね。

またスピ的に皆既月食といえば、通常の満月時以上のエネルギー浄化作用があると言われています。

そして今回、日本全国でその現象を見ることができるということは、日本全国で浄化作用が及ぼされるということになるますよね。浄化には禊がつきものですが、今回はどのような禊が現れるのでしょうか?

日本を代表する占星術師の1人でもあるマドモアゼル愛さんの公式ブログにはこのようなことが書かれていました。

「この月食を契機に、おそらく妙なことが色々と起こるだろう。月食の有効期間は結構長いので、すぐその日に起こるというよりも、数か月間の間に民の生活にとって非常にまずい事柄が起こる、と考えればいいだろう。
(中略)
今回の皆既月食は政権や権力が牙をむき出して民意を襲う、、、という危険がある」

なんだか気になる予想ですね。更に別の視点からもうひと方、姉妹サイトMYLOHASでもおなじみの大人気占星術師・石井ゆかりさんの公式ブログを見てみましょう。

「満月前後は『揺れやすい』と感じる人が多いようですが

食はその『スペシャル版』なので

この10日前後は

体調がおかしくなったり

感情的に不安定だったりする人もいるかもしれません。

まあ、それはいわば『気のせい』なので

あせらずゆっくり、自分の感覚に合わせて進むのが

いいんじゃないかと思います」

なるほど、体調や気持ちの変化は「気のせい」で乗り切るといいようですね。

個人的な見解としては、グラウンディング出来ないような不安定な気持ちになるエネルギーが生じるのではないかと思っています。

それは今まで、満月であろうと夏至や冬至であろうと何も感じなかった方でも、今回の皆既月食ではエネルギーの変化を体感する可能性が高まるからです。

エネルギーの体感に慣れていない方は、原因がわからないために奇妙で不安定な気分になり、感情が大きく揺さぶられるかもしれません。そんな時は、口から大きく息を吐いて口から大きく息を吸うという口呼吸をおすすめします。これはハートを癒す呼吸法と言われています。ですが乾燥した場所で行うと喉を痛めますので気をつけてくださいね。

更に皆既月食の際に有効な気になるおまじないについては、マイスピ過去記事をご参照ください。

皆既月食の全過程を見ることができるのは2000年7月16日以来のことで、今回のチャンスを逃せば次に全過程を日本全国で見られるのは2018年1月31日になるそうです。

12月6日現在で12月10日の天気予報は晴時々曇。どうか、お天気に 恵まれますように!

Astro Artsマドモアゼル愛ーオフィシャルブログー筋トレ週報・テンポラリ更新

(chick)


(マイスピ)記事関連リンク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP