体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クアラルンプールの観光ガイド!おすすめ観光スポット&モデルコースから天気、空港アクセスまで

Photo credit:Hi Ta「2015年マレーシアの旅」

Photo credit:Hi Ta「2015年マレーシアの旅」

こんにちは。Compathy MagazineのKumiです。
170万人以上の人口を抱えるクアラルンプールは、マレーシアの首都にして東南アジアを代表する都市の1つ。マレー系、中国系、インド系の人々が暮らし、さまざまな文化が混在しているのが大きな魅力といえるでしょう。
そんなクアラルンプールには、バラエティに豊富で見どころ満載の観光名所がたくさん! 今回は、クアラルンプールでぜひ訪れたいおすすめの観光スポットと、それらのスポットを効率良く回るためのモデルコースをご紹介します。

クアラルンプールはどんなところ?

Photo credit: Hisaharu Kisu「弾丸クアラルンプール!」

Photo credit: Hisaharu Kisu「弾丸クアラルンプール!」

インド洋と南シナ海の中間にあるマレー半島、クアラルンプールはその中西部に位置しています。街の中心で合流するクラン川とゴンバック川において、19世紀の半ばに錫(スズ)が発見され、以来スズ鉱山の集積地として発展しました。

掘り出されたスズ鉱石が川の水で洗われたため、川には泥水が流れるようになったと言い、クアラルンプールという地名もマレー語で”泥の川が交わるところ”という意味になります。マレー半島にはもともとマレー人が暮らし、古くから南インドからも人々が往来していました。
またイギリスの植民地時代には、労働力として中国や南インドから多くの人々が移住。現在のように多民族が住む都市として発展を続けるクアラルンプールには、それぞれの文化を反映した観光スポットが点在しています。

クアラルンプールの地図マップ

クアラルンプールの気候と週間天気・気温予報

クアラルンプールは、年間の平均気温が27℃〜33℃に到達し、1年中観光のベストシーズンとして楽しめる安定した気候が特徴。街中を観光する際は、Tシャツや短パンなど薄着の服装がおすすめです。
ただしクアラルンプールでは突然のスコールが発生することも多いので、傘などの雨具の用意をしておくと安心でしょう。また屋内の冷房を寒く感じることもあるので、カーディガンなどの羽織ものも持ち歩いておくと重宝しますよ。

詳しくは「クアラルンプールの天気と気候に合う服装~おすすめ観光地と空港アクセス~」を参照してみてください。

雷雨

金曜日

12/02

High 30°
/
Low 23°

雷雨の可能性

明日

12/03

High 32°
/
Low 24°

所により曇

日曜

12/04

High 33°
/
Low 24°

雷雨の可能性

月曜

12/05

High 33°
/
Low 24°

雷雨の可能性

火曜

12/06

High 33°
/
Low 24°

雷雨
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。