体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『じゃらん』2016年 年末年始 国内旅行の人気旅行先を発表!

『じゃらん』2016年 年末年始 国内旅行の人気旅行先を発表! 旅行

旅行サイト『じゃらんnet』上における年末年始の期間(2016年12月23日(金)~2017年1月3日(火))の宿泊予約状況より、国内旅行の人気旅行先についてのまとめを発表します。

2016年 年末年始 国内旅行の人気旅行先

人気旅行先ランキング トップ10

人気旅行先ランキング トップ10

人気旅行先ランキングは1位に東京都、2位に北海道、3位に大阪府がランクインし、続く6位までは前年と順位の変動はありませんでした。トップ10全体を見ても前年と大きな変化はなく、人気旅行先は定着化しているようです。

前年比増加率ランキング トップ10

前年比増加率ランキング トップ10

前年比増加率ランキングは、1位に大分県、4位に長崎県がランクイン。2016年7月から発行中の九州観光復興キャンペーン「九州ふっこう割」を利用した予約が好影響をもたらしました。

また人気旅行先でも3位の大阪府は、増加率ランキングで2位にランクイン。人気テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は2016年上半期に来場者数が過去最高を更新しており、この年末年始も多くの方が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を目的に大阪府を訪れることが予測されます。

8位の青森県は、2016年3月に開業した北海道新幹線の影響もあってか、前年に比べ増加率がアップしました。

年末年始~今冬の旅行、編集長の注目トピックス

『北海道じゃらん』

編集長 吉田 慎吾の注目トピックス

今冬は新スポットとイベントが続々誕生している道東エリアに注目しており、なかでもオホーツクエリアの流氷観光や十勝・トマムエリアの新名所観光がおすすめです。

オホーツクエリアには世界自然遺産・知床に今冬、新しく誕生する大自然を体験できるイベント「流氷フェス」や今年10月にリニューアルした「紋別 氷海展望塔オホーツクタワー」など、流氷観光が満喫できるスポット・イベントが目白押しです。

十勝・トマムエリアの注目スポットは、2016年12月8日(木)にグランドオープンする「ガーデンスパ十勝川温泉」で、十勝川温泉街の中心部にリラクゼーション拠点として新たに誕生します。また「星野リゾート トマム」が手がける「アイスヴィレッジ」は氷の露天風呂が誕生、氷のホテルなどは寒さをより一層楽しめるよう今冬リニューアルし、北海道ならではの幻想的な雰囲気や体験メニューに感動します。

『関東・東北じゃらん』

編集長 森田 拓朗の注目トピックス

今年は各地で、地域の特色を生かした観光列車が登場し、ブームになっておりますが、青森県のストーブ列車や、三陸・会津のこたつ列車といった以前からある列車にも注目が集まっています。車窓から見える景色はもちろんのこと、車内で味わえるグルメや、冬限定の企画など、楽しい観光スポットの一つになること間違いなしです。

また冬の風物詩、東北・甲信越各地で開催される冬まつりやイベントも見所です。栃木県日光市の「湯西川温泉かまくら祭」は、日本夜景遺産に認定されており、温泉街を飾る雪だるまと雪のぼんぼりが幻想的です。

また、長野県飯山市の「レストランかまくら村」では、かまくらの中で名物「のろし鍋」を食べることができます。この時期だけ楽しめる祭りやイベントに参加してみてはどうでしょうか。

『東海じゃらん』

編集長 西 尚子の注目トピックス

過去最大のスケールで開催中のなばなの里イルミネーションは注目です。今年の巨大テーマエリアは「大地」。アフリカの自然や南極の神秘的な光景、日本の原風景など雄大な自然美を高さ30m×幅155mの大スケールに電球や最新LED技術を用い、見事に表現しています。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会