体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スレート ディッシュプレート』Instagramでバッチリ目立つ、天然粘板岩使用の黒さがクールなおしゃれ皿

tem00037

近年Instagramの流行で、ともすると味よりも重要視されているのが料理の見た目。写真映えしないメニューは流行もしにくい傾向だ。そんな中、その上にのせるだけでグンとおしゃれ度が増す天然石皿『スレート ディッシュプレート』が登場。スーパーの惣菜でもあっという間にフォトジェニック!

出来合いの惣菜を並べるだけでも、あっという間にブルックリンのカフェ気分が味わえる素材感が重厚なおしゃれ皿

最近流行のインテリア、ブルックリンスタイルでもちょっとした料理をちょっとずつボード上の皿に並べるのは定番。大した料理でなくても、そうして並べると意味ありげにおしゃれに見えるから不思議だ。

 

そんな中、天然の粘板岩を使用した抜群の質感をもった石のお皿、株式会社シービージャパン(東京都足立区)の『スレート ディッシュプレート』(3サイズ展開・希望小売価格 税抜各1,000円・2016年11月15日発売)が登場。

tem00047
これは粘板岩という通常の堆積岩に圧力がかかって変性して生まれた岩で、タテに薄く剥がれる特性を持っている。元々はその防水・耐久性から日本では屋根瓦の素材として使われ、欧米でも19世紀から屋根の素材として用いられてきたもの。”スレート葺(ぶ)きの屋根”という表現は聞いたことがあるのではないだろうか。

tem00045
そしてこの『スレート ディッシュプレート』は、そんな丈夫さに定評のある素材で、お皿を作ってしまったということ。実際に持ってみるとずっしりと重い。さながら鉄板のような重量感。表面も天然石を手作業で仕上げたということで、一つとして同じものはないという。程よくざらっとした触り心地が気持ちいい。

tem00058
サイズは、小さな円形のサークル(直径 200mm)、使いやすい四角形タイプのスクエア(W300×D200mm)、パーティーなどで使いでがありそうな横長長方形のレクタングル(W400×D130mm)の3種類。どれも手を滑らせて足の指の上にでも落とせば骨までヒビが入りそうな重厚感。

tem00055
使い方は、そのまま使ってもいいのだが、使用前に食用油を塗りこむことでより黒く光っておしゃれ度がアップする。防水・耐久性共に優れているので、食洗機を使用しても問題ないとのこと。

tem00051

ただこのままデリケートな素材のテーブルの上に置くと、傷が入る恐れがあり、そのために接着用のクッションゴムも付いてくるのだが、その場合は食洗機で剥がれる場合があるので注意。それでは料理を置いてみよう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。