ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、続編はないことが明らかに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、劇場公開前から高い注目を集めているにもかかわらず、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは、同作の続編はないことを明らかにした。

映画情報サイトのスラッシュ・フィルムによると、映画雑誌エンパイアのインタビューでケネディは、『ローグ・ツー(ローグ・ワンにかけたジョーク)』を作ることはないと冗談めかして語ったという。ヴィジュアル・エフェクト・アーティストのジョン・ノルは、「『ローグ・ワン』は映画『エピソード4/新たなる希望』の前日譚ではあるが、1作で完結することが決まっていた」と、語った。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のギャレス・エドワーズ監督も、『エピソード4/新たなる希望』を参考にして、もしローグ・ワンの2作目があるとしたら、「続編の監督は、ジョージ・ルーカスになるだろう」と、語った。

続編の可能性はなくなったものの、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、既に力強いスタートを切っている。前売りチケットの売上げ状況によると、同作のオープニング成績は1億3000万ドル以上になる見込みで、2015年12月に公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に次ぐものになりそうだ。

映画『スター・ウォーズ』シリーズ初のスピンオフ作品である『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図を奪うために反乱同盟軍に雇われたジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)が、キャシアン・アンドア(ディエゴ・ルナ)を含む仲間たちと共に危険な任務に挑む姿を追う。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、12月16日に日米同時劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。