ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

代々受け継がれる自慢のうどん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月1日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、群馬県の名湯と真田一族との関わりを探る旅の中で、渡辺正行さんが「手打ちうむどん始祖・清水屋」(群馬県渋川市)を訪れた。

同店は代々水沢うどんを提供するうどん店。手打ちの麺にこだわり続ける名店だ。小麦粉と塩と水だけで作るこだわりの麺を作るには、3日かかるとご主人は言う。昔ながらの製法が、独特のコシと風味を生む。小麦本来の色が本物の証だとか。

渡辺さんのところに運ばれてきたのは、「うむどん・ざる・ごまつゆ・中もり」だ。まずはうどんだけで食べるよう勧められ、頂く。「結構コシがあって」とコメントし、「うどんだけでいける」とうまさに納得の様子。
こちらの店では本当の麺を味わって頂きたいと、うどんはざる、つゆは一種類のみだ。ごまだれに麺をつけてすすると、渡辺さんは「うん、弾力があって。で、またこのごまダレも美味しいし、これが水沢うどんなんですね」とうどんを美味しそうにすすった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:手打ちうむどん始祖 清水屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋川・吉岡・榛東のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:渋川・吉岡・榛東×和食のお店一覧
代々受け継がれる自慢のうどん
自家製ローストビーフと野菜たっぷりのサンドイッチ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。