ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

南米のゴッドファーザーと呼ばれた男。パブロ・エスコバルがヤバイ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界7番目の富豪まで上り詰め”南米のゴッドファーザー”と呼ばれた男、パブロ・エスコバル。国会議員として様々な慈善事業に携わり、民衆に愛されながらも、裏では政府を相手にテロ活動を行い、1000人もの殺人に関与した残忍非道な麻薬カルテルのボス。そんなレジェンドの実態を描いた映画『エスコバル 楽園の掟』のDVD&BDが、本日発売でございます。

パブロ・エスコバルを演じるのは、目で妊娠させる男として知られるベニチオ・ デル・トロ! そして、エスコバルの娘と恋に落ち、凶悪なエスコバルワールドに巻き込まれていく青年ニックをジョシュ・ハッチャーソンが演じています。

友人の警察官がエスコバルに殺されかけたことをきっかけに、エスコバルの人生を調べ始めたというアンドレア・ディ・ステファノ監督のコメントをちょっとだけご紹介。

「映画を観た後、朝起きたときに登場人物の顔を思い出したり、恐怖に思ってくれればうれしいな。良い映画を観ると、自分がまるで旅に出たような気分になることが素晴らしい。今回はかなり暗い旅だと思うけど……。
観客には主人公のニックだけでなく、エスコバルにも共感してほしい。映画を観終えて、少しでいいからエスコバルが気の毒だと感じてほしい。わたしはそれで満足だね」

ちなみに、エスコバルの人生は、Netflixのドラマシリーズ「ナルコス」や、ハビエル・バルデム主演の『Escobar(原題)』など、映像化が相次いでいます。
この冬はエスコバル祭り、いいかも!!!

兄と共にコロンビアを訪れたカナダ人サーファー、ニック。青い海と白い砂浜が広がるそこは、まさに理想郷のような世界だった。ある日、彼は美しいコロンビア人女性・マリアと出会い、激しい恋に落ちる。マリアには敬愛する大切な叔父がいた。彼の名はパブロ・エスコバル── 議員を務め、民衆からの支持も厚い富豪であるエスコバルは、コロンビア最大の麻薬カルテルのボスという裏の顔を持っていた。我が子のように可愛がる姪のマリアが連れてきた恋人を、エスコバルは暖かくファミリーに迎え入れる。楽園のようなエスコバルの”王国”。彼はその恐ろしさに少しずつ気づいていくが、簡単には抜け出すことはできない。そうしてニックは、脱出不可能な巨大な悪のスパイラルに巻き込まれていく。

■関連記事
韓国の人気グループNU’ESTが、出演作を語る。「忘れられない思い出」
映像特典で、キアヌが語った映画『ノック・ノック』の魅力とは?
ホームズよりワトソン派、必見。『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』DVD&BD出た!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。