ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

さやわか『文学としてのドラゴンクエスト』刊行 日本とドラクエの30年

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

さやわか『文学としてのドラゴンクエスト』刊行 日本とドラクエの30年
『文学としてのドラゴンクエスト』
物語評論家・さやわかさんによる新書『文学としてのドラゴンクエスト』が、12月2日(金)に刊行された。価格は800円(税別)となる。

本書では、2016年に誕生30周年を迎えた『ドラゴンクエスト』シリーズについて、「ドラクエ」の作者・堀井雄二さんと小説家・村上春樹さんとの比較などによって、「ドラクエ」が切り開いた新しい文学の地平を論ずる。

さやわかが評論するドラクエの文学性

さやわかさんは『一〇年代文化論』や『キャラの思考法』などの著書で、キャラ概念やポップカルチャーを批評してきたライター。

本書では、「ドラゴンクエスト」を自身が主人公になることのできる文学と見立て、シリーズ各作品に詳細な分析を加えながら、ポップカルチャーの進歩との関わりを考察していく。

ポップカルチャーの地平を切り開いてきた名作ゲーム30年の歴史は、文学や文化にどのような影響を与えてきたのか? その一片が垣間見れる一冊となっている。

また、カバーイラストは大塚英志さん『定本 物語消費論』などでも知られる西島大介さんによるもの。

引用元

さやわか『文学としてのドラゴンクエスト』刊行 日本とドラクエの30年

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。