体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鎌倉・稲村ヶ崎、秋ならではの楽しみ方

鎌倉・稲村ヶ崎、秋ならではの楽しみ方
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。30日(水)のオンエアでは、本を持って出かけたい場所として鎌倉の海辺、稲村ヶ崎を紹介しました。

鎌倉駅から江ノ電に乗って稲村ヶ崎へ。小さな駅を出ると、目の前に肉屋さんがあります。踏切を渡ると今度は魚屋さん。そのすぐ先に八百屋さん。毎日の買い物が、駅前ですべて済みます。実際、こだわりの品揃えです。

八百屋さんの店頭には、手書きのポップで今日のおすすめがあれこれ並びます。葉っぱが付いたままの採れたてのニンジンは地元、鎌倉産。大根、キャベツ、キュウリは三浦産。

魚屋さんには佐島で採れたタコ、三浦のマグロをはじめ、しらす、かますなど旬の地魚が並びます。地元気分を味わいながら歩いていくと、コンビニがあって、脇の細い路地を入れば、その先に青い海が顔を出します。国道134号線。横断歩道を渡ればそこが稲村の海辺です。

右手には江の島が、そして晴れていれば富士山がその向こうに見えます。左には稲村ヶ崎。その小さな岬のすぐ前の海には、今日もサーファーたちの姿があります。岬の左と右で波のサイズもかたちもまったくちがうのだとか。勝手知ったる地元サーファーたちは、岬の足元の、あるところから海にエントリーしていきます…

そんな風景を時々見ながら、浜辺に座って午後の読書はいかがですか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会