ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

任天堂の世界がユニバーサルのテーマパークに登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
nintendo-universal-parks1

全く新しい現実の世界で、マリオとともに跳ぶ準備をしよう。
11月29日(現地時間)、任天堂と米ユニバーサル・バークス&リゾートは、日本、オーランド、ハリウッドにあるユニバーサルのテーマパークにビデオゲームをテーマにしたエリアを作ることを発表した。

今回の提携で両社は、「実物より巨大」で「拡張性があり、引き込まれ、インタラクティブな」任天堂の世界を創造すると約束した。エリア内には複数のアトラクション、ショップ、レストランを併設するという。

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの各テーマパークは、任天堂エリアの詳細を後に発表する。任天堂のエリアは、数年かけて順次オープンする。ユニバーサル・クリエイティブ代表のマーク・ウッドベリは「ユニバーサルは斬新なアイデアを模索し、次に人々を引き付ける素晴らしい場所を常に求めています。任天堂はその目的にピッタリでした。自然な流れです」と語った。

全世界で人気のある任天堂のビデオゲーム『スーパーマリオブラザーズ』のキャラクターとその世界が、パークの特徴となる。両社は「皆さんを新しい世界に引き込むために、マリオとすべての友達が登場します」と述べた。

共同声明の中で、ユニバーサルと任天堂は「年齢やゲームの経験値に関わらず、すべての人が楽しめるものとなります」としている。

マリオのクリエーターである任天堂の宮本茂と、ユニバーサルのウッドベリによる公式発表は下を参照。冒頭の写真は宮本茂。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。