体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岩手の人気お土産完全ガイド!お菓子や名産雑貨からおすすめのお土産屋まで紹介

岩手の人気お土産完全ガイド!お菓子や名産雑貨からおすすめのお土産屋まで紹介
Photo credit:zenjiro via flickr cc

Photo credit:zenjiro via flickr cc

こんにちは。Compathy Magazineの斎藤ゆかです。
世界遺産の平泉や日本最大級のリアス式三陸海岸をはじめ、数々の見どころがある岩手県。自然豊かな日本の原風景が広がる岩手県は、青森県・秋田県とまとめて”北東北”を構成していることでも知られています。
2013年に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍脚光を浴びた三陸エリアには、新鮮な海の幸を求め足を運ぶ観光客がいまだ絶えず、変わらぬ賑わいをみせています。そんな魅力あふれる岩手には、長年地元で愛される老舗菓子店や漬物店、伝統工芸品を扱う店舗が多様に揃い、観光以外でもワクワクするようなグルメやお土産スポットが満載です。
今回は、岩手県を訪れたら必ず持ち帰りたい、おすすめのお土産をたっぷりご紹介します。隣県の宮城と併せて巡ることもできるので、東北土産の参考にしてみてください。

岩手のお土産ランキング〜グルメ・おつまみ編〜

1.前沢牛:岩手の名産和牛肉ブランド

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

奥州市前沢区の前沢牛(まえさわぎゅう)は、岩手県が誇る和牛ブランド。北上盆地の豊かな環境と、生産者の愛情で育んだ最高級の牛肉の1つとして知られています。岩手県ではステーキや焼肉をはじめ、さまざまな調理法で味わうことができます。
味の芸術品と誉高い前沢牛をお土産に選ぶ際は、”前沢牛しぐれ煮”がおすすめ。ゆっくりと時間をかけて煮込んだホロホロのしぐれ煮は、ご飯のお供や、お酒のおつまみにもぴったりで、お子様から年配の方まで大人気です。そのまま食べても美味しい前沢牛しぐれ煮、ぜひ自宅でも試してみてください。

2.三陸海宝漬

Photo credit:zenjiro via flickr cc

Photo credit:zenjiro via flickr cc

三陸海宝漬は、岩手県に東側・三陸海岸沖でとれる新鮮な魚介類を使用したグルメ。だまし煮という独自の技法で柔らかく煮たアワビと、川を上る前に沖獲りした最高級銀毛鮭の採れたてイクラ、早春に刈り取った柔らかなメカブなど、地元でとれる海産物を伝統の調味料に漬け込んだ珠玉の逸品です。
三陸海宝漬は、全国で開催される物産展でも売れ切れ必至の人気商品。ほかにも従来の商品に加え、三陸産のホタテと焼うにを新たにトッピングした”うに海宝漬”など新しい種類の海宝漬も登場しています。

豪華な食材が絶妙にミックスされた贅沢な海宝漬は、ご飯にのせるだけでご馳走の出来上がり! 岩手県を訪れる際は、ぜひ地元の海鮮をお家に持ち帰りましょう。

3.深見屋の唐揚げ:水沢エリアの名物

Provided by
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会