体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSスマホカメラ部 特別編】au2016秋モデル4端末のカメラ機能を検証する!

スマートフォンのカメラ機能の進化はとどまるところを知らないが、個性豊かな端末が揃ったau2016秋の新作のカメラ機能の実力やいかに? 「isai Beat LGV34」「Xperia XZ SOV34」「AQUOS U SHV37」「URBANO V03」の4モデルの特長を、実際にテストしたプロカメラマン稲田平氏による作例とともに検証していこう。

今回テストした4モデル。左から、isai Beat LGV34(LG Electronics)、Xperia XZ SOV34(Sony Mobile Communications)、AQUOS U SHV37(SHARP)、URBANO V03(KYOCERA)

【isai Beat】違いは一目瞭然。超広角レンズの広角っぷりがスゴイ!

isaiシリーズ5代目となる「isai Beat」。そのカメラ機能の最大の特長はメインカメラに「約1,600万画素F1.8標準レンズカメラ」「約800万画素135°広角レンズカメラ」のデュアルカメラを搭載していること。さらにサブカメラも120°広角レンズを搭載している。

isai Beatでフルーツタルトを撮影。約1,600万画素の優れた描写力がフルーツの鮮やかな色味やイチゴの表面のツブツブといった質感を見事に再現。F1.8の明るいレンズのおかげで背景のボケ味も美しい

■isai Beat メインカメラ(標準レンズ)

■isai Beat メインカメラ(135°広角レンズ)

渋谷駅前スクランブル交差点をisai Beatで撮影。上は「約1,600万画素F1.8標準レンズカメラ」で、下は「約800万画素135°広角レンズカメラ」で撮影したもの。135°の広角レンズを使うと標準レンズでは収められなかった左右両脇の建物まで収めることができた

■isai Beat サブカメラ(標準モード)

■isai Beat サブカメラ(120°広角モード)

会議中の様子をisai Beatのサブカメラで自撮りしたグループショット。上は通常モードで、下は120°の広角モードで撮影したもの。通常モードでは窮屈そうに写っていた手前のふたりが、120°の広角モードだと背景込みで余裕で収めることができた

【稲田カメラマンのisai Beat評】

広角レンズの画角の広さはビックリ。メイン、サブともに、スマートフォンでこんなに広い画角の写真が撮れるってすごいことです。カメラに向けた手を握るだけでシャッターを切れる “ジェスチャーショット” という機能もあるので、自撮りが苦手な人でもキレイな自撮りが簡単に楽しめるはず。あと、プロの観点から言うと、マニュアル撮影の使い勝手も抜群だし、撮ったままの高画質で記録できるRAW形式で撮れるというのも驚き。こだわりの強いハイアマチュアの人でも意図した写真がつくりやすいと思います」

【Xperia XZ】カメラとしての完成度の高さに、プロも納得!

人気のXperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ」のカメラ機能もさらなる進化を遂げた。高精細な写真が撮れる「約2,300万画素CMOSイメージセンサー」に加え、今回の機種では新たに薄暗いシーンでも高速のオートフォーカスが可能な「レーザーAFセンサー」と、自然な色合いを実現する「RGBC-IRセンサー」を搭載。計3つのセンサーが、より正確で美しい撮影を可能にする。

Xperia XZで野菜を撮影。約2,300万画素CMOSイメージセンサーの卓越した描写力により、それぞれの野菜の色鮮やかさやみずみずしさを余すことなく表現
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。