ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

脳を活性化するブレインフードで最強パワーを手に入れる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

脳を活性化するブレインフードで最強パワーを手に入れる

何だかいつも疲れていてボッとする、細かいミスが多くて嫌になっちゃう・・・もし、アナタの日常生活がそんな状態なら困ってしまいますよね? 睡眠不足やストレスが、パフォーマンスの低下を招くこともありますが、もしかしたらアナタの脳がイキイキと働いていないことが原因かもしれません。そんな時は、脳を活性化する食べ物=ブレインフードを意識して食べてみましょう。毎日を劇的に変えることができるかもしれませんよ。

青魚には脳の働きを高めるEPA、DHAが豊富

青魚にたっぷりと含まれているEPAやDHAはオメガ3系脂肪酸で、脳の機能を高める働きをします。毎日何となくピリッとしないと感じているなら、サンマやイワシ、サバなどの青魚を食べましょう。亜麻仁油やエゴマ油、シソ油に含まれるαリノレン酸もオメガ3系脂肪酸なので、体内で代謝されてEPAやDHAになります。どうしても青魚が食べられない時は、大さじ1杯の亜麻仁油を飲むのがおススメです。

抗酸化力の高い食材は脳のアンチエイジングにも◎

抗酸化力が高い成分というと、お肌を若々しく保つエイジング効果のイメージですが、実は脳のアンチエイジングにも効果的です。ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類には集中力を高める働きがあります。トマトにはリコピンが豊富ですが、リコピンには脳細胞のダメージを修復して物忘れを防ぐ効果があります。

ブロッコリーには脳の働きを高める栄養素がいっぱい

ブロッコリーはビタミンB群が豊富ですが、ビタミンB1は脳神経を正常に保つ働き、ビタミンB12は神経細胞の生成に関係する働きがあるなど、ビタミンB群は脳の働きには不可欠な栄養素です。ビタミンB群を豊富に含むのがブロッコリー。ブロッコリーには葉酸も含まれていますが、葉酸は胎児の成長には欠かせない栄養素で、大人の脳の健康にも欠かせないのです。その他にもビタミンKなど、脳の働きに必要な栄養素がいろいろ入っているブロッコリーはおススメです。

アボカドが脳の血流をアップする

アボカドは栄養豊富な食べ物で美肌効果もバッチリですが、脳のためにもぜひおススメしたい食べ物です。その理由は、アボカドが脳の血流を促進するため。アボカドは脂肪分が高いですが、そのほとんどが不飽和脂肪酸のオレイン酸で、悪玉コレステロールを下げる働きがあり、血液をサラサラにする効果があるのです。さらにアボカド100gに3.4㎎も含まれているビタミンEにも血行を促進する効果があります。脳の血流が増えれば、頭が冴えてくるのは間違いありません。

何となく頭が冴えないと思ったら、少しだけ食べるものを変えてみれば、頭がシャキッとして毎日が変わるかもしれません。もちろんいろいろな栄養素をバランスよく食べることは重要ですが、毎日の食事に頭を活性化する食べ物を取り入れてみてください。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。