体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス人は就業後上司と飲みに行かない〜フランスと日本のアフター5の違い〜

「さあ、今日も仕事が終わった!」そのとき、あなたは何をして過ごしますか。筆者の住むフランスでは、仕事が終わってもまっすぐ家には帰らず、アクティブに就業後を過ごします。日本では近頃は就業後出かけず、家に直行するという人が多いと聞きます。日本とフランスの就業後の過ごし方はどのように違うのでしょうか。見ていくことにしましょう。

フランス人は残業するの?

日本とフランスの就業後の過ごし方の違い
まずはフランス人の残業の統計を見てみましょう。約30パーセントの労働者が週15時間以上残業すると答えています。一日おおよそ3時間の残業時間。残業する人で、大体19時半から20時に退社というのが一般的なようです。残り70パーセントの人は残業時間は週15時間以下なので、平均的にみるとフランス人は残業をあまりしないと言えます。

残業に対する考え方の違い

日本とフランスの就業後の過ごし方の違い日本とフランスの就業後の過ごし方の違い
フランス人でも終わらせなければならない仕事がある時は、残業は仕方ないと捉える人も少なくはありません。しかし残業が毎日続くことをフランス人は好みません。残業が多いと自身のプライベートな時間がなくなる、充実した生活を送れないとフランス人は考えます。就業後の時間というのはフランス人にとって大切な時間なのです。

フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜」「このままでいいの?日本人〜フランスと日本、読書量の圧倒的な違い〜」でもお伝えしたように、プライベートな時間を有意義に使っているようです。他にはどんなアクティビティを楽しんでいるのでしょうか。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

フランス人は日曜日、街に遊びに行かない〜フランスと日本の週末の違い〜
スーパーのチラシから、フランス人のライフスタイルをひも解く
このままでいいの?日本人〜フランスと日本、読書量の圧倒的な違い〜

スポーツをして過ごす

日本とフランスの就業後の過ごし方の違い
フランス人は意外にスポーツをして汗を流すのが好き。スポーツジムに通うという人は少なく、街のダンス教室やバスケットクラブなどのアソシエーションに登録している人が多いです。また近頃パリジェンヌの間ではボクシングが流行っており、ボクシングクラブは女子でいっぱいなのだとか。汗を流しながらストレスを解消できるのが人気の理由です。

友達と出かける

日本とフランスの就業後の過ごし方の違い
フランス人にとって就業後、友人たちと出かけるのは大切なこと。ディナーを一緒にしたり、映画に出かけたりします。独身のフランス人であれば、週1、2回は友達と就業後に友達と会うようです。気の置ける友人たちとおしゃべりをしながら過ごすのは楽しいひととき。束の間の日常が彩られます。

習い事をする

日本とフランスの就業後の過ごし方の違い
習い事をするフランス人も多くいます。例えば、語学教室やパソコン教室に通ったり、自身のキャリアアップに繋がるような習い事をする人も少なくはありません。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会