ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

映画『10 クローバーフィールド・レーン』のダン・トラクテンバーグ監督、フーディーニを描く映画の監督候補へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dan-trachtenburg

ライオンズゲートは、映画『10 クローバーフィールド・レーン』のダン・トラクテンバーグ監督を、数年に渡って企画されてきたハリー・フーディーニの人生を描く映画の監督候補にしている。

2014年に、ジョニー・デップが、フーディーニの伝記『The Secret Life of Houdini: The Making of America’s First Superhero(原題)』をもとにする映画でフーディーニ役を演じる初期段階の交渉に入っていた。しかし、デップの契約は実現せず、現状では他の俳優にも役が振られていない。

フランク・マーシャルとブルース・コーエンは、プロデューサーとして数年に渡り参加してきた。映画版は、貧困生活から世界的名声に至るまでの著名な魔術師の人生を追い、徐々に危険性を増していった妙技やスパイとしての秘密の生活、また、彼の遺産を破壊するための陰謀の詳細を描いた2007年に発表されたウィリアム・カルシュとラリー・スローマンによる伝記をもとにする。フーディーニは、1926年のハロウィンに亡くなった。

ライオンズゲートによる映画『REDリターンズ』のディーン・パリソット監督は、2014年に、映画版の監督として決定していた。脚本は、映画『メイズ・ランナー』、映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』の脚本を手掛けたノア・オッペンハイムによって執筆された。

トラクテンバーグ監督は、ジョシュ・キャンベル、マット・ストゥーケン、デイミアン・チャゼルが脚本を執筆したSFサイコ・スリラー映画『10 クローバーフィールド・レーン』で長編映画監督デビューを果たした。同作には、ジョン・グッドマン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・ギャラガー・Jrが出演し、地球が居住不可能になったと言い張る2人の男と共に、地下のバンカーに拘束された若い女性の物語だ。同作は、J・J・エイブラムスがプロデュースを手掛け、全世界で1億1000万ドル以上の興行総収入を記録した。

トラクテンバーグ監督は、ICMパートナーズ、オアシス・メディア・グループと代理人契約を結んでいる。このニュースは、Deadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。